尼口 友厚(あまぐち・ともあつ)

株式会社ネットコンシェルジェ CEO プロダクト・マーケティング責任者

明治大学経営学部卒。米国留学からの帰国後、デザイナー/エンジニアとしての活動を経て、2002年に国内有数のウェブコンサルティング会社「キノトロープ」に入社。

2003年同社関連会社としてネットコンシェルジェを設立。eコマースとブランディングを専門領域とし、100億規模の巨大ECサイトからスタートアップまで150を超えるクライアントを抱える。現在は、ショッピングSNSサービス「Cart」を運営する。趣味はブラックミュージック鑑賞。

著書に『なぜあなたのECサイトは価格で勝負するのか?』(日経BP)
訳監に『ハックプルーフィングLinux』(秀和システム)

この記事が役に立ったらシェア!

この著者の執筆した記事

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

事前予約で5.8億円の注文受けたカメラECの飛躍はクラウドファンディングの活用にあり

製品開発するたびにクラウドファウンディングサイトで資金を募り、ECサイトで販売する「Peak Design」。カメラ好きが“こんな商品があったらいいな”と思うことを実現した商品が人気を集めている。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

高いものは4万円以上! 犬向けの高級ペット用品が世界20か国超で売れるワケ。

最も高いもので4万円以上もする犬用製品が世界20か国以上に販売され、返品率は0.5%未満。ソーシャルメディアでは高評価。そんな犬用品のECサイト「Charley Chau」の成功の秘訣(ひけつ)とは。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

新しいライフスタイルの創出ってECには重要だよね。常識覆す商品開発の妙味

今回紹介する「Roccbox」は、石窯料理をもっと幅広い層に楽しんでもらうために作られたサイト。20kgのポータブル型の石窯を発明し、新たな消費者ニーズを創出しています。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

コンテンツマーケティングで集客&売上UPに成功したECサイトに学ぶ3つのポイント

ネクタイのECサイト「Bows N Ties」は2013年には230万ドル(約2億7000万円)の売り上げるなど、いまでは大きな成長を見せている。それを支えているのが、コンテンツマーケティングにある。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

シリコンゴムの指輪になぜ人が集まるのか? 買いたくなる付加価値を作る「伝え方」

シリコンゴムでできた指輪という商品を販売する「Qalo」。顧客層の見極めや、ブランドのミッションを語ることで支持者を得ることに成功した点も大きな成功要因となっています。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

お客は「親友」と考えるべし。メルマガ経由で売上の6割を稼ぐマーケティングの極意

グルーポンのビジネスモデルをワインに活用した「Vinomofo」は、2011年設立ながら、2014年度の売り上げは約18億9200万円計上。成長を続ける秘密は、マーケティングに対する真摯な考え方にありました。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

Google、コカ・コーラなども顧客に。卓球ラケットのECサイトが人気を集めるワケ

Google、コカ・コーラ、Nike、Red Bull、TOMs、Levi'sなど米国を代表する有名企業をも主要顧客に抱える「Uberpong」。このスタートアップ企業が成長している秘訣(ひけつ)を探ってみました。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

起業資金12万円で3年後に年商12億円。男性向けギフトECサイトが急成長した秘訣

ギフトのECサイトで立ち上げから3年で年商12億円に急成長している米国のEC企業。その成長の秘訣(ひけつ)は、「売ることよりも、“売るための顧客ニーズ”を知ること」などにありました。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

安いだけじゃない。お客の心をつかむ価格戦略を「Amazon」に対抗する「Jet」に学ぶ

後編は、「Jet」のマーケットプレイスの中身を覗いて、そのビジネスモデルと同社が「オンライン上のどこよりも低価格で商品を提供する」という約束をどのように果たそうとしているのかを見ていこう。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

Amazonへ価格競争で逆襲か? コストコ的ビジネスモデルで勝負を挑む「Jet」とは

「Amazonへの逆襲か」「Amazonの最強の対抗馬候補」……米国のeコマース界隈でこのようにうわさされるスタートアップが注目を集めている。それは7月に正式オープンした「Jet」だ。今回はこの企業を2回に分けて紹介したい。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

小さな会社もできるブランド作り。スタートアップの腕時計サイトが客を引きつけるワケ

「ShoreProjects」は、腕時計のバリエーションの乏しさという欠点を補うために、シーンや気分に合わせて簡単に外観を変更できる腕時計を販売。独自のブランド作りを模索し、ファンを増やしている

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

やっぱりファンとの関係性作りはメルマガ。解約率2%のサブスクリプションECの秘訣

「Daily Jocks」は、ソーシャルメディアやブログで強固なコミュニティを築き、集まったファンに向けて商品販売を行うことで成功したECサイトの1つ。各種SNSはお店の認知など初期の関係構築用として利用し、その後、持続的にファンとのつながりを構築する手段はメールマガジン、というのはかなり有効な手立てだ。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

10か月で約20億円を売り上げた海外ECサイト。強者に勝つ逆バリマーケティングの事例

マットレスのECサイト「Casper」は、競合他社と比べて価格面での優位性は決して高くはない。しかし10か月で2014年度の売上高は2000万ドルを計上、「大勝ち」の情勢という。その秘訣とは?

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

“ぽっちゃり女子”の悩みをサブスクリプションECで解決。「Gwynnie Bee」成長の秘訣

「Gwynnie Bee」は、届いた洋服はサブスクリプションを更新している限り、好きなだけ着ることができるという仕組みを採用。毎月の会費を支払えば好きな服を好きなだけ取っ換え引っ換えできる点が人気を集めている。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

「Uber」を追随する「Shuddle」に学ぶ、お客の支持を集めるビジネスモデルの作り方

子供も安心して利用できる車のシェアリングサービスという独自のポジショニングによって米国のスタートアップ界で注目を獲得し、顧客から人気を集めている車のシェアリングサービス「Shuddle」のビジネスモデルから、お客の支持を集める方法を探ってみます。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

客が集まる年会費200万円の高級時計レンタルサービス。“高くても利用される”秘訣

「シェアリング」を高級腕時計に適用した「Eleven James」は、あるプランでは年間200万円もの投資が必要なサブスクリプションサービスだが、年々利用者は増えている状況にあるようだ。“高くても利用する”その理由とは。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

お客の心をつかんだニッチ過ぎるECサイト。秘訣はソーシャルメディアの運用にあった

ソースを携帯できる携帯ボトルのECサイト「Sriracha2Go」。成長の秘訣は、Facebook、Instagram、Twitterといったソーシャルメディアごとに、消費者への伝え方を変える運用方法にある。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

無名でニッチ商材のECサイトが上手なPRで売り上げ&認知度アップに成功した秘訣

シークレットスペースのポケットを付けたパンツやシャツといった下着を販売する「Clever travel companion」。マーケティング活動を自力で挑戦する企業の参考になる事例です。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

あなたのECサイトには“こだわり”はあるか? 売り手に必要なのは商品を研究することだ

成功しているECサイトに共通している点は、創業者のこだわりや価値観と販売しているモノやサービスが一致していることがほとんどである。成功しているECサイトの中身や形だけを真似したところでうまくいかない理由は、このあたりにあるのかもしれない。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム