よろしければこちらもご覧ください

今では携帯電話のカメラ機能がかなり進化していて、コンパクトデジタルカメラ顔負けの写真が撮影できるような機種もかなり見られるようになった。有名人などが集まる場所などでも観客たちが携帯やスマホをかざして写真を撮る、という姿はすっかりお馴染みになったと思う。

携帯やスマホで写真を撮ることのもう1つの利点は、かさばらないことだろう。特に質の高い望遠レンズを備えた一眼レフカメラなどはゴツく重い。カバンに入れればかさばり、首にぶら下げれば重く動きづらく、どうにも良いポジションを見つけにくい。

そんな「重たいカメラの持ち運び」の新しいスタイルを次々と提案しているのが、今回紹介する「Peak Design」だ。この「Peak Design」はカメラ好きな人を想定し、カメラ好きが“こんな商品があったらいいな”と思うことを実現した商品を設計。多くの人から支持を受け、カメラをベルトやバッグに固定できるキット、カメラ専用に作ったバッグなどを自ら製造し、販売している。

また、製品開発するたびにクラウドファウンディングサイトの「KickStarter」で資金を募るスタイルを採用していることも特徴の1つ。最新商品であるカメラ好きのためのバッグ「The Everyday Messanger」は、総額486万ドル(約5億8000万円)と、「KickStarter」史上最高の支援金を集めたという。

予約注文で5.8億円を得たカメラECの飛躍はクラウドファンディングの活用にあり①
「Peak Design」のECサイト(出典はhttp://www.charleychau.com/pages/about-us)

一眼レフカメラは持ち歩きたくてもかなり邪魔になる

「Peak Design」が支持を集めているポイント

  • カメラを日常的に利用する人のかゆいところに手が届く商品開発
  • クラウドファウンディングサイトを活用しニーズの把握、商品資金を
  • 「お客さんを幸せにするため」の施策を実行に移している

「Peak Design」の創業者は、建築会社において土木技師として働いていたPeter Dering(ディリング)氏。2007年にニコンのカメラを購入してから写真撮影に没頭し、カメラを常に持ち歩くようになったという、大のカメラ好きだ。

ディリング氏は2008年、休暇を取って写真撮影の旅に出ることになった。香港、タイ、カンボジア、ラオス、ベトナム、インド、シンガポール、ニュージーランド、オーストラリアなどを、バイクで旅したという。2010年には米国カリフォルニア州のヨセミテ渓谷にバックカントリースキーをしにいった。

カメラに夢中になっていたディリング氏はもちろん、この2つの旅の両方でカメラを携帯していたが、旅を重ねるにつれ、カメラを持ち歩くことがいかに不便で煩わしいかを実感するようになったという。

特にバックカントリースキーでは、重たいリュックやスキースティックを持ちカメラを首に掛けることなどできない。そのため、カメラをリュックに入れて持ち運び、必要なときにリュックを下ろし、荷物の中からカメラを掻き分けて取り出す必要があった。

そこでディリング氏は、もっとカメラの持ち運びやすい方法はないかと、製品開発を考えるようになった。そして2011年、カメラをベルトやストラップ、バッグなどに簡単に付け外すことができるストラップ「Capture Camera Clip System」を開発、「KickStarter」で支援を募った。

予約注文で5.8億円を得たカメラECの飛躍はクラウドファンディングの活用にあり③
創業者Peter Dering氏(出典:https://www.kickstarter.com/projects/peak-design/capture-camera-clip-system/description)

これが5200人以上の支援者からの支持を得て、目標金額1万円を超す36万ドル(約4300万円)の支援金を集めることに成功。その後、1年ごとにカメラのアクセサリーを中心とした新商品を「KickStarter」でリリースするようになったのだった。

カメラ好きの不満を解消する製品を相次いでリリース

予約注文で5.8億円を得たカメラECの飛躍はクラウドファンディングの活用にあり④

現在「Peak Design」では、カメラをバッグやベルトに固定するためのクリップ類の他、ストラップやバッグなどの販売を行っている。いずれも見た目は地味だが、カメラを日常的に利用する人のかゆいところに手が届く工夫が盛り込まれている。それが人気の理由だ。

まずは「Peak Design」が最初に名を挙げることになった「CAPTURE」を見てみよう。通常、カメラには長めのストラップを着けて、首に掛けて前に垂らすのが一般的。このスタイルならフリーハンドで動くことができるし、撮影した対象物があれば即座にカメラを構えることができる。

しかし、このやり方は疲労やトラブルの原因にもなりやすい。カメラをぶらぶらさせながら動くのは邪魔に感じるし、激しい運動や、突然動いたりしたときには、人や障害物に衝突してしまう危険もある。また、人通りの激しい道中を歩いていると、カメラが盗難に遭う心配もあるのだ。

そこで、この「CAPUTURE」は、ベルトやストラップ、バッグにカメラをがっちり固定。歩いたり走ったりはもちろん、自転車に乗っていてもすぐにアクセスできる状態で携帯できるようにした。

予約注文で5.8億円を得たカメラECの飛躍はクラウドファンディングの活用にあり⑤
5200人以上の支援者からの支持を得て開発した「CAPUTURE」

撮影したいときにも、さっと撮影することができるのでシャッターチャンスを逃すこともない。利用者からは、全て金属でできていて頑丈な作りになっていること、誤って外れることがない、という点も高く評価されているようだ。

製品の価格は59.95ドル(約7150円)以上と、決して安いものではない。しかし、カメラ好きの人たちがトラブルなく、便利に使えるように考え抜かれた製品だからこそ、幅広い人気を得ているのだろう。

また、2015年からは旅する写真家のTrey Ratcliff氏から「カメラマンのためのバッグを作って欲しい」と依頼を受けて作成した「The Everyday Messenger」も販売するようになった。

予約注文で5.8億円を得たカメラECの飛躍はクラウドファンディングの活用にあり⑥
総額486万ドル(約5億8000万円)の支援を受けた「The Everyday Messenger」

カメラを使わないときには敷きクッションとして使える折り紙式の仕切を採用、カメラはすぐにアクセス可能な位置に収納でき、頻繁に取り出さないアクセサリを入れるポケットや三脚、パソコン用のポケットなど、1つひとつの機能は地味ながら写真家やカメラ好きが使いたい、と思える機能を搭載。KickStarter」史上最高額となる総額486万ドル(約5億8000万円)の支援を受けるヒットとなった

私は旅行写真家として、カメラを持ち運ぶ要件をすべて満たしているようなバッグをこれまで見たことがなかった。でもバッグというのは、撮影を行っていく上で最も重要なツールなんです。

Trey Ratcliff氏

「Peak Design」には登山、サーフィン、スノースポーツ、モータースポーツ、結婚式やポートレート撮影など行っている一流のカメラマンなどのプロチームがいる。彼らが実際にプロトタイプを使用し、フィードバックとテストを繰り返すことで製品開発の援助を行っているという

創業者のディリング氏を含め、サイトのスタッフが実際にカメラを頻繁に使用し、アイディア出しからテストまでプロの目でチェックできるのが最大の強みだ

社長が直接電話対応をすることも

「Peak Design」の顧客対応を評価する声も多い。ユーザーの1人が購入した「Peak Design」の商品についてデザイン上の欠陥があることに気付いた。彼はその点について言及したレビューをAmazonに掲載し、「Peak Design」にもレビューを見て欲しいと連絡したという。

すると「Peak Design」はすぐに対応したいと申し出て、メールは創業者のディリング氏に転送された。そして、ディリング氏が直接彼に謝罪するとともに「お客さんを幸せにするため、良かったら電話でお話ししたい」と提案してきたという。

このユーザーは、「まさか創業者自身がエンドユーザーと話すために時間を割くとは」と、驚くとともに強い感動を覚えたそうだ。

このレビューに対し、「今まで製品を買うか悩んでたけど、優れた顧客サービスを呼んで買うことに決めたよ」という声を寄せる別のユーザーもいた。「お客さんを幸せにするために」という価値観は、この顧客対応のみだけでなく、「Peak Design」の製品の機能からも感じられる。これが徹底しているからこそ、一見すると地味な製品でも本当に利用層が欲しいと思える製品を届けることができているのだろう。

「お客さんを幸せにするために」とは当たり前の考え方かもしれない。しかし、実際に行動へ移しているECサイトがどれほど有るだろうか。「Peak Design」はこの価値観を貫いたからこそ、いくつもの人気商品を生み出したのだろう

【筆者からのお知らせ】

ネットコンシェルジェでは、ショッピングSNSサービス「Cart」を運営しています。

「Cart」はネットショップの商品ページやブログ記事を配信できる「ネットショッピングのインスタグラム」のようなものです。100名以上の有名人が参加していて、あなたのお店をピックアップしてくれることもあります。EC事業者は初期投資は無料で出店することができます。ご興味のあるEC事業者さんは以下をご参照ください

尼口氏が執筆した「海外ECサイト事例に学ぶ売上アップのノウハウ」のブログを見たい人はこちらから。(ネットコンシェルジェが運営するブログにジャンプします)

本コーナーの記事を、電子書籍でも読めます!
[impress Digital Books]
  • 価格:¥1,000+税
  • 品種名:電子書籍
  • ページ数:120

海外ECサイトの事例に学ぶ売上UPのコツ
人が集まり、売上UPしているECサイトの秘訣を解きほぐす!/span>

成功しているECサイトに共通している点は、運営している創業者のこだわりや価値観と、販売しているモノやサービスが一致していることがほとんど。ところが、成功しているECサイトの中身や形だけを真似したところで、なかなかうまくいかないことも多い。

そんな中で、SNSやコンテンツを上手に使い、小規模だが、客観評価も高い海外のECサイトを、ECサイトオタクでもある著者が詳しく解説。

「Kaufmann Mercantile」「Shuddle」「Jet」ほか、人が集まり、売上がアップするコツがよくわかる!

電子版を買う

インプレスの直販サイトほか、大手電子書籍書店で購入いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

尼口 友厚

株式会社ネットコンシェルジェ

尼口 友厚(あまぐち・ともあつ)

株式会社ネットコンシェルジェ CEO プロダクト・マーケティング責任者

明治大学経営学部卒。米国留学からの帰国後、デザイナー/エンジニアとしての活動を経て、2002年に国内有数のウェブコンサルティング会社「キノトロープ」に入社。

2003年同社関連会社としてネットコンシェルジェを設立。eコマースとブランディングを専門領域とし、100億規模の巨大ECサイトからスタートアップまで150を超えるクライアントを抱える。現在は、ショッピングSNSサービス「Cart」を運営する。趣味はブラックミュージック鑑賞。

著書に『なぜあなたのECサイトは価格で勝負するのか?』(日経BP)
訳監に『ハックプルーフィングLinux』(秀和システム)

記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム