よろしければこちらもご覧ください

電通とショッピングSNSサービス「#Cart」を運営するネットコンシェルジェは8月31日、Eコマースのブランディング領域で連携し、企業が運営するECサイトをブランディングするサービス「eコマース・ブランディング」の提供を始めると発表した。

「eコマース・ブランディング」は、電通のデータと施策を一元管理するECプラットフォーム「DECIDE」と「#Cart」を組み合わせて、企業のオンラインストアのブランディングとサイト運営の効率化を実現、加速するサービス。

「DECIDE」は、ECシステムのデータに加え、アクセス解析ツールやメール配信システムなど各種外部ツールのデータを自動的に取得、それらを統合して1つの画面で管理する。「#Cart」は参加するEC企業の商品情報などをウェブ雑誌のように配信、会員登録した消費者に対し、1人1人に適した商品をレコメンドするもの。

電通とネットコンシェルジェは提携し、「eコマース・ブランディング」の提供を開始

「eコマース・ブランディング」の仕組み

両サービスを組み合わせた「eコマース・ブランディング」は、販売実務や取得データ等の管理に関する負荷を軽減。電通のクリエーティブチームが関わることで、サイトの世界観の醸成やコンテンツ提供が可能になるという。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム