最も高いもので4万円以上もする犬用製品が世界20か国以上に販売され、返品率は0.5%未満。ソーシャルメディアでは高評価。そんな犬用品のECサイトが英国にある。

犬用の高級ベッドを販売しているCharley Chauだ。ホームセンターで売られているような安い犬用ベッドや、形だけ「高級」を謳っているベッドの質の悪さにうんざりし、「犬が快適に寝られる」ことを第1目標にベッドを作り、ファンを獲得していった。

日本もペット用品のECサイトが増えているが、世界に目を向けてもその現象が起きている。愛犬家というのはやっぱり犬を家族の一員として扱うのだなと、ここ数年で増えている犬のためのECサイトを見ていてふと思う。

以前、私のブログでもペット用品ECのサイト事例を取り上げた。犬用の高級オーダーメイドペットフード「Petbrosia」や、犬用のサブスクリプションサービス「BarkBox」などだ。犬のためのECサイトが大きな成功を収めている事実から、「商品の価格が高くても、質が良ければ購入する」という飼い主は多いことがわかる

さて、2010年に英国で設立された「Charley Chau」は、現在英国内だけではなく、世界各国から注文を受けており、これまでに20か国以上の顧客に商品を配送している。世界各国からも支持を得ているECサイトだ。

高いものは4万円以上! 犬向けの高級ペット用品が世界20か国超で売れるワケ。①
「Charley Chau」のECサイト(出典はhttp://www.charleychau.com/pages/about-us)

愛犬のためのまともなベッドを見つけることができなかった

「Charley Chau」が支持を集めているポイント

  • 品質の良いペット用品を求める消費者のニーズを開拓
  • 「商品の製造も世界中の犬が快適に寝られるようなベッドや毛布を作りたい」という情熱や犬への愛情
  • 出荷前の検品にチカラを入れて、返品率は0.5%
高いものは4万円以上! 犬向けの高級ペット用品が世界20か国超で売れるワケ。②
「Charley Chau」の創業者Christine Chau(写真左)

「Charley Chau」の創業者はChristine Chau(写真左。以下クリスティーン)氏。なお写真右の人物は姉で共同創設者のJenny Chau氏だ。

クリスティーン氏はダラム大学で経営学を学んだ後、1997年にさまざまな企業でWebマーケティングに携わってきた人物。同時に犬をこよなく愛する愛犬家でもある。

彼女は自分が飼っているイタリアン・グレイハウンドのために、デザイン性が高く、かつ犬が快適に寝ることのできるような、機能性の高いベッドを探していた。しかし、ホームセンターやペットショップなどではまともなベッドを見つけることができなかった。

格安で買える商品は確かにある。一方で「高級ベッド」という触れ込みで販売されている品もあったが、その多くが地元のホームセンターにある20ポンド(約3690円)の犬用ベッドと同じ工場で作られたもので、ぱっと見はできが良くても中身はゴツゴツしている。とても犬が快適に寝られるものではなく、数か月後には放り出してしまいたくなるような代物だった。

犬用ベッドも家の中にあればインテリアの一部だから、見た目が良いに越したことはない。しかし、一番重要なのは実際に使用する犬にとって寝心地が良いかどうかだ、とクリスティーン氏は考えていた。

この不満を愛犬家であった姉に話してみると、彼女も同じくベッドが見つからないでいるということが分かった。

そこで2人は、見た目が良いだけでなく、数か月、数年後も快適に使えるような実用的な犬用のベッドを作ろうと考える。そして2年の歳月をかけて独自のベッドを開発。Facebookに投稿したところ、愛犬家の仲間たちから「自分も欲しい」という要望をたくさんもらうことができた。

この時までクリスティーン氏の頭の中にあったのは、「良いベッドを作る」ことであり、ビジネスを起こそうという考えは特になかった。しかし、仲間の要望に応えてベッドを作るうちに、ソーシャルメディアやメディアサイトにてクリスティーン氏の作ったベッドが紹介されるようになった。そして、次第にビジネスの色彩を帯びていったようだ。

やがて世界20か国以上の顧客に向けて販売を行うほどの人気を獲得。その過程で、アパート内でベッドを生産することも非常に難しくなり、130万平方メートルの工場に移動することになったという。

犬が心地良く過ごせるための高級ベッド

高いものは4万円以上! 犬向けの高級ペット用品が世界20か国超で売れるワケ。③
犬が心地良く過ごせるための高級ベッドを販売

Charley Chauは現在、サイト創設のきっかけになった犬用ベッドの他、手軽に使えるブランケット、首輪などを販売している。ベッドは最も高い製品で260ポンド(約4万7000円)。上質さを売りにしているだけあって、一般的な犬用ベッドに比べると高めの料金設定だ。

創業以来のベストセラーは「Dog Snuggle Beds in Weave」。犬が何かに潜り込みたくなる習性を持っていることに着目して作られた、潜り込むことができるスタイルのベッドだ。3種類のサイズ展開があり、スモールで75ポンド(約1万3700円)、ミディアムが95ポンド(約1万7000円)、ラージ155ポンド(約2万8000円)という。

高いものは4万円以上! 犬向けの高級ペット用品が世界20か国超で売れるワケ。④
創業以来のベストセラー「Dog Snuggle Beds in Weave」

同ベッドはフェイクファーのフリースでできたポケットと、柔らかで深みのあるマットレスとで構成されている。毛布の中は暖かく、もぐって寝るのが好きな犬であれば、どんな犬にも合う。特に、穴を掘るのが好きなテリアやハウンド、視覚ハウンド(優れた視力で獲物を追跡する、アフガン・ハウンドなどの猟犬のこと)に向いているという。

高いものは4万円以上! 犬向けの高級ペット用品が世界20か国超で売れるワケ。⑤

手軽に洗濯機で洗うことも可能で、ベッドのマットを包むカバーも防水仕様。犬の小便などの汚れ、シミにも対応。長く使っても質が悪くならない耐久性の良さも強みの1つだ。

「Charley Chau」ではこの他にも、藤かごタイプの「Rattan Dog Baskets」、ひんやりした床の結露でベッドが濡れないように配慮された「The Raised Rattan Dog Bed」、ケージとベッドを一緒にした「Dog Crate Mattress and Bed Bumper Set」なども販売。犬の好みやシーンに合わせた商品展開を行っている。

高いものは4万円以上! 犬向けの高級ペット用品が世界20か国超で売れるワケ。⑥
犬の好みやシーンに合わせた商品展開

厳格な品質チェックにより返品率0.5%未満を達成

高いものは4万円以上! 犬向けの高級ペット用品が世界20か国超で売れるワケ。⑦
Facebookページのレビューでも高評価

「Charley Chau」のFacebookページのレビューでは、46人の利用者からの評価を見る事ができる。ここでの評価は5段階中5という圧倒的な支持。「数年前に購入してから何度も洗濯機で商品を洗ったが、ほとんど劣化することなく元の状態のまま保っている」「値段は高いが長持ちするため、それだけの価値がある」といった内容のレビューが記載されていた。

ベッドの質を高く保つため、英国製にこだわって生産しているが、ただ質の良い製品を確保するだけではなく、顧客の信頼を失わないように、出荷前の検品にかなり力を入れている

その甲斐があり高い商品の満足度を維持、商品の返品率は0.5%未満に抑えているそうだ。こうした質の高さを維持できているのは他でもない、犬への愛情であると、クリスティーン氏らは語っている。

一部の人たちは、大きな計画を立てて事業を開始し、商品を無数に作ろうとしてますが、私たちの場合、起業のきっかけは偶然に過ぎず、商品の製造も世界中の犬が快適に寝られるようなベッドや毛布を作りたい、という情熱や犬への愛情から行っています。このことがお客さまから支持される理由となっているのだと思います。

~Charley Chau氏~

「Charley Chau」のように、個人レベルの悩みを解決しようとしたら想定外の共感を得て、事業化に踏み切るケースというのがとても増えてきている。その理由はソーシャルメディアの普及と、eコマースが手軽に始めやすくなったということが背景にある

良い意味で商売っ気の無い、趣味の延長のようなECサイトが、今後は消費者の支持を得ていくのかもしれない。「Charley Chau」を眺めていると、そんな予感を感じさせる。

よろしければこちらもご覧ください

【筆者からのお知らせ】

ネットコンシェルジェでは、ショッピングSNSサービス「Cart」を運営しています。

「Cart」はネットショップの商品ページやブログ記事を配信できる「ネットショッピングのインスタグラム」のようなものです。100名以上の有名人が参加していて、あなたのお店をピックアップしてくれることもあります。EC事業者は初期投資は無料で出店することができます。ご興味のあるEC事業者さんは以下をご参照ください

尼口氏が執筆した「海外ECサイト事例に学ぶ売上アップのノウハウ」のブログを見たい人はこちらから。(ネットコンシェルジェが運営するブログにジャンプします)

本コーナーの記事を、電子書籍でも読めます!
[impress Digital Books]
  • 価格:¥1,000+税
  • 品種名:電子書籍
  • ページ数:120

海外ECサイトの事例に学ぶ売上UPのコツ
人が集まり、売上UPしているECサイトの秘訣を解きほぐす!/span>

成功しているECサイトに共通している点は、運営している創業者のこだわりや価値観と、販売しているモノやサービスが一致していることがほとんど。ところが、成功しているECサイトの中身や形だけを真似したところで、なかなかうまくいかないことも多い。

そんな中で、SNSやコンテンツを上手に使い、小規模だが、客観評価も高い海外のECサイトを、ECサイトオタクでもある著者が詳しく解説。

「Kaufmann Mercantile」「Shuddle」「Jet」ほか、人が集まり、売上がアップするコツがよくわかる!

電子版を買う

インプレスの直販サイトほか、大手電子書籍書店で購入いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

尼口 友厚

株式会社ネットコンシェルジェ

尼口 友厚(あまぐち・ともあつ)

株式会社ネットコンシェルジェ CEO プロダクト・マーケティング責任者

明治大学経営学部卒。米国留学からの帰国後、デザイナー/エンジニアとしての活動を経て、2002年に国内有数のウェブコンサルティング会社「キノトロープ」に入社。

2003年同社関連会社としてネットコンシェルジェを設立。eコマースとブランディングを専門領域とし、100億規模の巨大ECサイトからスタートアップまで150を超えるクライアントを抱える。現在は、ショッピングSNSサービス「Cart」を運営する。趣味はブラックミュージック鑑賞。

著書に『なぜあなたのECサイトは価格で勝負するのか?』(日経BP)
訳監に『ハックプルーフィングLinux』(秀和システム)

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム