現在地

海外

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのホールフーズ買収とリアル店舗を攻める理由【米大手EC専門誌が解説】

Amazon(アマゾン)が高級食品販売チェーンのWhole Foods Market Inc.,(ホールフーズ・マーケット)を137億ドルで買収すると発表。その狙いとは? 米国EC大手専門誌が解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【プライム会員分析】アマゾンユーザーの購買行動から学ぶ自社ECサイトの顧客作り

Amazonのプライム会員は、アマゾン以外の小売事業者が運営するアプリやECサイトも使用し、多くの時間を費やしています。この会員を自社のECサイト顧客にするにはどうしたらいいのでしょうか?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

小売り店の倒産や閉鎖でEC利用が増える? 小売業者の“商機”が店舗受取にある理由

小売事業者は、EC購入した商品を店舗で受け取ることができるサービスの提供で、Amazon(アマゾン)に対する競争力を高めることができます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

小売業者がデジタルデータを活用して売り上げを伸ばすために必要な5つのステップ

ネット通販を含めた小売者にと事業ってデジタルデータは戦略を立てる上でとても重要なことですが、膨大なデジタルデータを前にあ然となっていませんか? データを戦略に生かす5つのステップを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない顧客体験はどう提供する? 優良顧客を生み出す「配送力」の磨き方

アマゾンに負けない顧客体験の提供、優良顧客の獲得などで大切なことは、消費者を引きつけ、お客さまになってもらうためのカスタマーエクスペリエンスの向上です。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンが小売業界を制する日がやって来る……小売り企業が対抗する方法は?

アマゾンは過去20年、小売業界に身を置く企業の顧客や体力を少しずつ奪っていきました。最後の一撃はすぐそこにまで迫っています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ネット通販のSEO対策で大切な4つのポイント。肝は「ロングテール」「コンテンツ」

検索からの流入がどれほど重要なのかはすでにご存知のことでしょう。トラフィックがなければ売り上げは伸びません。今回は、ECサイトへの流入を増やすためのSEOに関する4つの重要な戦略をお伝えします。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

カゴ落ち率84%のモバイルECでコンバージョン率を確実に伸ばす4つの方法

商品をモバイル経由でカートに入れた場合、たった16%しか購入に至りません。どうすればEC事業者はモバイル経由のコンバージョン率を高めることができるのでしょうか?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンはファッションジャンルも制するのか? オリジナルブランドの衣類が好調なワケ

米国のアマゾンが2016年から始めたオリジナルのファッションブランドの売れ行きが好調のようです。その要因は?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない、お客に支持される通販サイトがやっている4つの施策

商売に成功しているブランドは、Amazon(アマゾン)にはない差別化したサービスを提供しています。米国のEC企業が実践しているその秘訣(ひけつ)とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

やっぱり気になるアマゾンの動向。アメリカのEC関係者が2016年に最も読んだ記事16選

2016年に最も読まれた「インターネットリテイラー」の記事を見てみると、アマゾン関連の記事が上位にランクイン。サービス利用と同時に競合にもなるアマゾンに、米国では注目が集まっています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Pinterestユーザーの5割はECで買う? ネット通販との親和性が高いピンタレスト最新情報

米国ではEC企業のピンタレスト活用に注目が集まっています。ピンタレストユーザーの55%はピンタレスト上で商品を購入。フェイスブックなどの購入割合(9~12%)をはるかに上回ります。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのスピード配送に対抗するために米小売企業・EC事業者がやっていること

EC業社(全米トップ30)の平均配送スピードは4日間。1日か2日で商品が届くことに慣れているアマゾンプライムの会員にとって、とても遅い配達に見えます。米国企業はどのようなスピード配送対策を行っているのか?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アプリは小売店の売上UPに役立つのか? ウォルマート、ノードストロームら米国事例3選

米国でモバイルEC売上の上位にランクインしている小売事業社の多くは、自社のアプリに店内モード機能を搭載。消費者が商品を購入をするためのツール以上の役割を果たしています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

“モバイルファースト”が成長の鍵、グローバルEC市場で起きている「明と暗」

米国のEC市場では、モバイルコマース市場のシェアを積極的に取りにいっている企業は、モバイル対応に遅れを取っている企業よりも早い成長を遂げています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

目指すはアマゾンからのシェア奪取! 世界最大級のラグジュアリーEC「ユークス」とは

ラグジュアリーECを手がけるユークスネッタポルテグループは、2015年のオンライン売り上げは5億5800万ドルで、EC専門雑誌「「北米 EC事業社トップ 500 2016年版」」で72位。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

中国向けECは酒類の販売に“商機”あり。ワインなどがオンラインでバカ売れする理由

お酒をたしなむ中国人のうち、90%が店舗で酒類を購入しつつも、オンラインでも55%がワインなどのアルコール飲料を購入しているという調査結果をニールセン社が発表しました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

最新の米国オムニチャネル事情。9割のユーザーが商品の店頭受取・返品に「満足」

米国の小売事業者が行っている、ECサイトで購入した商品の受け取りや返品を実店舗で行っているオムニチャネル戦略について、消費者からの評価がとても高いという事実が調査で明らかになりました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

年間160億個のEC商品を配送する中国。“送料無料は当たり前” 最新の中国EC物流事情

中国国内で2015年に配送された荷物の80%はEC商品。そのほとんど(87%)が、消費者へは送料負担なしで発送されているそうです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonで20分間のサイトダウン 損失額は20分間で375万ドル?

アマゾンドットコムのECサイトで2016年3月10日、20分もの間、サイトがダウンしました。InternetRetailer社は、20分間のサイトダウンが約375万ドルもの売り上げ損失につながったと推察しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アジアEC市場の成長率は32%、アジア向け通販成功のひけつを米国小売企業に学ぶ

2015年、アジアでのECビジネスは8350億ドルにまで成長しました。インターネットリテイラー社が発行する「アジア EC事業トップ500社 2016版」にも書かれている通り、国をまたいでECビジネスを展開するには、国ごとに異なるマーケットを熟知する必要があります。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

高いものは4万円以上! 犬向けの高級ペット用品が世界20か国超で売れるワケ。

最も高いもので4万円以上もする犬用製品が世界20か国以上に販売され、返品率は0.5%未満。ソーシャルメディアでは高評価。そんな犬用品のECサイト「Charley Chau」の成功の秘訣(ひけつ)とは。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

新しいライフスタイルの創出ってECには重要だよね。常識覆す商品開発の妙味

今回紹介する「Roccbox」は、石窯料理をもっと幅広い層に楽しんでもらうために作られたサイト。20kgのポータブル型の石窯を発明し、新たな消費者ニーズを創出しています。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

今日からできる売上倍増計画&16ドルの指輪を売る方法、など8記事【ネッ担まとめ】

今週の要チェックはEC全般と売上アップのヒント。お決まりの数式をどう使えば現場に活かせるのか、これができるとできないでは大違いなので、しっかり読んでおきましょう。

週間人気記事ランキング

Amazonプライム会員は映像作品が見放題/3年間で年商12億円のECサイトに成長した事例

Amazonプライム会員なら追加料金なしで映像作品が見放題になるサービスを始めるとアマゾンジャパンが発表。ギフトECサイトが3年で年商12億円まで成長した事例が人気を集めました。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

起業資金12万円で3年後に年商12億円。男性向けギフトECサイトが急成長した秘訣

ギフトのECサイトで立ち上げから3年で年商12億円に急成長している米国のEC企業。その成長の秘訣(ひけつ)は、「売ることよりも、“売るための顧客ニーズ”を知ること」などにありました。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

安いだけじゃない。お客の心をつかむ価格戦略を「Amazon」に対抗する「Jet」に学ぶ

後編は、「Jet」のマーケットプレイスの中身を覗いて、そのビジネスモデルと同社が「オンライン上のどこよりも低価格で商品を提供する」という約束をどのように果たそうとしているのかを見ていこう。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

Amazonへ価格競争で逆襲か? コストコ的ビジネスモデルで勝負を挑む「Jet」とは

「Amazonへの逆襲か」「Amazonの最強の対抗馬候補」……米国のeコマース界隈でこのようにうわさされるスタートアップが注目を集めている。それは7月に正式オープンした「Jet」だ。今回はこの企業を2回に分けて紹介したい。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

小さな会社もできるブランド作り。スタートアップの腕時計サイトが客を引きつけるワケ

「ShoreProjects」は、腕時計のバリエーションの乏しさという欠点を補うために、シーンや気分に合わせて簡単に外観を変更できる腕時計を販売。独自のブランド作りを模索し、ファンを増やしている

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

「Uber」を追随する「Shuddle」に学ぶ、お客の支持を集めるビジネスモデルの作り方

子供も安心して利用できる車のシェアリングサービスという独自のポジショニングによって米国のスタートアップ界で注目を獲得し、顧客から人気を集めている車のシェアリングサービス「Shuddle」のビジネスモデルから、お客の支持を集める方法を探ってみます。

海外セレクトショップのアパレルが購入できるECサイトのFarfetch、日本市場に進出

300店以上の海外セレクトショップの洋服などが購入できるECプラットフォーム運営のFarfetch(ファーフェッチ)が日本市場に進出したことがわかった。すでに日本語対応した「FARFETCH」の運営を開始している。

世界最大のハンドメイドマーケットEC「Etsy」が日本市場進出か、日本語対応の準備進める

世界最大のハンドメイドマーケットプレイス「Etsy.com」が日本のEC市場に進出するようだ。サービス開始時期は不明だが、日本語対応したマーケットプレイス型のECサイトを現在準備している。

 

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

オムニチャネルでCVR18%増やRPV20%増を実現、EC売上世界3位Staplesの最新事例

eコマース売上高世界3位で、オフィス用品世界最大手Staples(ステープルズ)はオムニチャネルの実施で、コンバージョンレート(購買率)が18%増になるなど、著しい成果を発揮しています。同社のExecutive Vice President であるFaisal Masud氏がオムニチャネル戦略とは。ステープルズの成功を解説。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

アマゾンの顧客を自社サイトに誘導できる米国の新広告「Amazon Product Ads」に注目

世界最大のECイベント「IRCE2014」の初日に終日実施された、アマゾンを活用して売り上げを最大化するための専門セミナー「Amazon & Me Workshop」。日本ではまだ提供されていない米アマゾンだけの新プロダクトに関する詳細などをリポートします。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

企業の命運を分けるのは「顧客視点経営」、米国EC企業から見る勝ち残るために重要なこと

米国の小売店やEC企業はオムニチャネルやモバイル対策、スマホアプリ対策などさまざまな手を打ち、顧客との関係性を作ろうとしています。日本でも今後、モバイル戦略が企業の命運を分けることになるかもしれません。米国の小売・EC市場におけるモバイル事情を紹介します。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

米国EC市場でも課題のデバイス対策 「レスポンシブ・デザイン対アダプティブ・デザイン」とは?

米国最大のECカンファレンス「IRCE2014」に参加しましたが、日本のEC事業者、EC関連事業者にまず伝えたいこと。それは、米国でも「レスポンシブ・デザイン対アダプティブ・デザイン」が課題となっているということです。グーグルの検索、リソースや手間の問題…デバイス戦略は日本も米国のEC企業でも抱える問題は共通しています。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

通販物流の倉庫内作業はロボットが行う時代に~元小売&EC店長が見た米国フルフィルメント事情

600社を超えるEC・通販支援のベンダーなどが参加する「IRCE」の展示会場では、100社を超える物流関係のサービス会社が出展。米国でもいかに物流コストを削減し、効率化していくのかということが課題となっているのでしょう。「IRCE」のイベント会場から見た、米国ECのフルフィルメント事情などをお伝えします。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

IRCE展示企業の時流はやっぱり「オムニチャネル」~元小売&EC店長が見た米国ベンダー事情

会場内に600以上の企業が各種サービスや製品を展示し、来場する世界のリテーラーに案内する「IRCE」の出展ブース。展示会場で目にしたり耳にするキーワードはやっぱり「オムニチャネル」。イベント会場における世界のEC企業とベンダーとのマッチング状況から、世界のEC業界の時流を探ってみます。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

リアルとオンラインで効果を引き出す米国スキンケアブランドのオムニチャネル~IRCEレポート

日本のネット通販業界、マーケティング業界などでは今、毎日のように「オムニチャネル」に関する記事を見かけます。先日米国のシカゴで開かれた世界最大のECイベントIRCEに足を運びましたが、米国のEC業界でも「オムニチャネル」は主役中の主役だったと実感しました。今回は世界80カ国以上で化粧品を販売するスキンケアブランドによる、ポイントプログラムを活用したオムニチャネル事例を解説。実店舗とオンラインでともに効果を出したスキンケアブランドの取り組みを紹介します。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

お客とつながり続ける為に必要なこと―IRCEで米国EC企業が示した多様化する顧客接触方法

2014年6月のイベント開催で10年目を迎える世界最大のEコマースに関する勉強会と展示会「IRCE」(Internet Retailer Conference & Exhibition)2014に参加してきました。ソフトバンクの孫正義社長も指摘しているように、アメリカの最新事例が日本に影響するのは約半年後から1年後。IRCEに参加し、学んできたことをレポートします。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

EC企業が知っておきたい世界最大級の通販イベント、今後やるべきことが分かる「IRCE」とは

世界最大のネット通販のイベントで、Eコマースの最新情報を求めて世界40か国から1万人以上のEC関係者が参加する「IRCE(アイアールシーイー)」。先端のネット通販事情が分かるIRCEは、日本のEC事業者にぜひ知ってもらい、足を運んでもらいたいイベントです。なぜなら、今リテーラーがやるべきことが分かり、それが日本でのビジネスのヒントになるからです。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

元小売&EC店長が体感した米国最大級ショッピングモール、スターバックス等の実店舗誘導アプリ

米国の消費シーンではどのようなスマートフォンのアプリが使われているのでしょうか。実店舗への送客サービスのアプリだけで数億ドルを売り上げる「shopkick」、スターバックスのスマホアプリを使った顧客獲得サービスなどを体験。顧客にさまざまな体験やサービスを提供する店舗誘導を行うアプリサービスが数年後には日本でも浸透している可能性も高い?

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!