現在地

海外

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

米国EC市場でも課題のデバイス対策 「レスポンシブ・デザイン対アダプティブ・デザイン」とは?

米国最大のECカンファレンス「IRCE2014」に参加しましたが、日本のEC事業者、EC関連事業者にまず伝えたいこと。それは、米国でも「レスポンシブ・デザイン対アダプティブ・デザイン」が課題となっているということです。グーグルの検索、リソースや手間の問題…デバイス戦略は日本も米国のEC企業でも抱える問題は共通しています。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

通販物流の倉庫内作業はロボットが行う時代に~元小売&EC店長が見た米国フルフィルメント事情

600社を超えるEC・通販支援のベンダーなどが参加する「IRCE」の展示会場では、100社を超える物流関係のサービス会社が出展。米国でもいかに物流コストを削減し、効率化していくのかということが課題となっているのでしょう。「IRCE」のイベント会場から見た、米国ECのフルフィルメント事情などをお伝えします。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

IRCE展示企業の時流はやっぱり「オムニチャネル」~元小売&EC店長が見た米国ベンダー事情

会場内に600以上の企業が各種サービスや製品を展示し、来場する世界のリテーラーに案内する「IRCE」の出展ブース。展示会場で目にしたり耳にするキーワードはやっぱり「オムニチャネル」。イベント会場における世界のEC企業とベンダーとのマッチング状況から、世界のEC業界の時流を探ってみます。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

リアルとオンラインで効果を引き出す米国スキンケアブランドのオムニチャネル~IRCEレポート

日本のネット通販業界、マーケティング業界などでは今、毎日のように「オムニチャネル」に関する記事を見かけます。先日米国のシカゴで開かれた世界最大のECイベントIRCEに足を運びましたが、米国のEC業界でも「オムニチャネル」は主役中の主役だったと実感しました。今回は世界80カ国以上で化粧品を販売するスキンケアブランドによる、ポイントプログラムを活用したオムニチャネル事例を解説。実店舗とオンラインでともに効果を出したスキンケアブランドの取り組みを紹介します。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

お客とつながり続ける為に必要なこと―IRCEで米国EC企業が示した多様化する顧客接触方法

2014年6月のイベント開催で10年目を迎える世界最大のEコマースに関する勉強会と展示会「IRCE」(Internet Retailer Conference & Exhibition)2014に参加してきました。ソフトバンクの孫正義社長も指摘しているように、アメリカの最新事例が日本に影響するのは約半年後から1年後。IRCEに参加し、学んできたことをレポートします。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

EC企業が知っておきたい世界最大級の通販イベント、今後やるべきことが分かる「IRCE」とは

世界最大のネット通販のイベントで、Eコマースの最新情報を求めて世界40か国から1万人以上のEC関係者が参加する「IRCE(アイアールシーイー)」。先端のネット通販事情が分かるIRCEは、日本のEC事業者にぜひ知ってもらい、足を運んでもらいたいイベントです。なぜなら、今リテーラーがやるべきことが分かり、それが日本でのビジネスのヒントになるからです。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

元小売&EC店長が体感した米国最大級ショッピングモール、スターバックス等の実店舗誘導アプリ

米国の消費シーンではどのようなスマートフォンのアプリが使われているのでしょうか。実店舗への送客サービスのアプリだけで数億ドルを売り上げる「shopkick」、スターバックスのスマホアプリを使った顧客獲得サービスなどを体験。顧客にさまざまな体験やサービスを提供する店舗誘導を行うアプリサービスが数年後には日本でも浸透している可能性も高い?

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

グーグルはなぜ宅配事業をするのか? 米国では当日配送の物流サービスも !

米国ではネットショッピングに関するグーグルの検索シェアが低下。それに危機感を抱いたグーグルは、食品や日用品を数時間で宅配するサービスを展開しています。こうした米国市場における新たな動きをご紹介します。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

米国最大の百貨店メイシーズでオムニチャネル体験。 ネットで注文し店舗で受け取ってみた

「見ると聞くとは大違い」というのはよくあります。日本でも耳にするようになった「オムニチャネル」。このマーケティング手法については米国の方が進んでいると言われています。そこで当社が開催した6月の米国流通業界視察ツアーで、私自身が米国でオムニチャネルを経験してみました。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

元小売&EC店長が体感した米国企業のオムニチャネル~ウォルマートのオムニ戦略

小売企業に勤めていた経験があり、ECサイトの店長もしていました筆者が、米国の小売店などを訪問し、オムニチャネルを経験。自らの店頭経験、元ECサイトの店長目線から見た、リアルなオムニチャネル最新動向をお伝えします。
最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

なぜ米国アマゾンは無人機ドローンを飛ばすのか? 米国宅配事情から分かる物流の重要性

米国アマゾンが取り組む無人飛行機による商品配送、自社トラックによる配送といった取り組み、米国の宅配事情を踏まえ、自社で物流をコントロールする重要性を説明。米国アマゾンが今後取り組むと考えられる配送部門の戦略などについて紹介する。

単発記事

2015年に始まる無人飛行機による配送など、アマゾンジャパン責任者が語る米国アマゾンの革新

自社のECサイトにアマゾンの決済ソリューションが導入できたり、アマゾン以外のサイトに顧客を誘導する広告など、米国アマゾンでは自社ECサイトを支援するソリューションの提供を開始している。2015年にも始めるとされている無人飛行機を使った配送サービスなど、アマゾンが先進的・革新的な取り組みをまとめた。

単発記事

米国EC市場で売上高20億円目指すハミィ、欧州にも進出しグローバル展開に挑む

スマホ用グッズのECやEC事業者向け業務管理システムを提供するハミィは今春、米国市場でのECに本格参入する。このほど米国カルフォルニア州に事務所と併設した物流倉庫を設置。これまで日本から米国に商品を発送していた体制から、米国内から消費者に商品を届ける体制に切り替えた。ハミィは欧州にも進出しており、グローバル展開を加速する。

GDPR(EU一般データ保護規則)への対応状況は? 「内容を十分理解」は1割

トレンドマイクロが5月17日に公表した、欧州連合(EU)における個人情報保護に関する規則「EU一般データ保護規則(GDPR)」への企業の対応状況に関する調査によると、「GDPR」について十分に理解していると回答したのは全体の10%にとどまった。

【EC調査】利用率が高いのはAmazon、2位は楽天。アジア消費者が越境利用したい国で「日本」が上位

トランスコスモスは、アジアの主要都市におけるオンラインショッピングの利用実態を調査した「アジア10都市オンラインショッピング利用動向調査2018」を公表した。

モバイルコマース市場は2021年に6.1兆ドルへ拡大の見通し

モバイルアプリ市場の調査を行うAppAnnie社はこのほど、世界のアプリ市場の現状を調査した「マネタイズモデル調査レポート」を発表し、世界のモバイルコマース市場規模は2021年に6兆100億ドル(約680兆円)に拡大する見通しを示した。

日本の商品を最も買う国はどこ? 越境ECユーザーが求める商材は?

デジタルスタジオが運営する越境ECモール「Discovery Japan Mall」の販売先国ランキングによると、上位3か国はアメリカ、中国、イギリスだった。売れ筋商品は統計やアクセサリー、化粧品が上位を占めている。

売れるネット広告社が台湾向けECを支援、単品通販向けLP作成ツールの越境版をリリース

売れるネット広告社は5月16日、単品通販向けのランディングページ(LP)作成・管理ツール「売れるネット広告つくーる」の台湾向け越境EC版をリリースしたと発表した。

イーベイ、販売国に在庫を保管する新たなフルフィルメント代行サービスを開始

イーベイ・ジャパンは4月21日、「eBay」のセラー(販売者)向けに新たなフルフィルメント代行サービスを開始。販売先の国や地域に商品在庫を保管し、現地のフルフィルメント事業者がパッキングや配送などを代行する。

日本郵便の「国際郵便マイページサービス」で顧客情報約3万件が流出の可能性

日本郵便は3月14日、「国際郵便マイページサービス」の運営サイトが第三者による不正アクセス攻撃を受け、サイト上で登録されていた顧客情報約3万件が外部に流出した可能性があると発表した。

スタートトゥデイ、米国とマレーシアのファッションECプラットフォームに出資

スタートトゥデイは3月30日、米国の二次流通ファッションECプラットフォーム「Materialwrld.com(マテリアルワールド)」とマレーシアのファッションECプラットフォーム「FashionValet.com(ファッションヴァレット)」へ出資すると発表した。

「ハンコヤドットコム」のAmidAが事業領域を海外へ、米スタートアップ企業に出資

通販サイト「ハンコヤドットコム」運営のAmidAは、事業領域を海外に広げる。個人旅行を簡単にするための無料クラウドソーシングサービスを開発する米国のスタートアップ企業、Plango, Inc.(本社サンノゼ市、プランゴー社)へ出資することを決定。業務提携を締結する。

サイバーマンデーのネット通販売上は16%増の30億ドル超、1日間の過去最高額を記録

アドビ システムズが公開した2015年のサイバーマンデーにおけるオンラインショッピングに関する「Adobe Digital Index(ADI)」によると、サイバーマンデー(11月第4木曜日明けの月曜日、今年は11月30日)のオンライン売上高は、前年比16%増の30億7000万ドルに達した。

アマゾン、eBay、ハミィなどが越境ECを語る。海外ECセミナーを9/4と9/10に開催

スマートフォン向けグッズのネット通販や、EC事業者向けのプラットフォームを提供するHamee(ハミィ)は9月4日と10日、海外展開に関心のあるEC事業者を対象にした越境ECに関するセミナーを開催する。

ロコンドが中国のEC市場に進出へ、「Tmall」「JD.com」といったモールで展開

靴とファッションのECサイトを運営するロコンドは2015年秋にも、海外市場に進出する。進出先は中国で、現地で開拓したパートナー企業と協力してモールを展開に事業を展開。消費旺盛な中国市場を開拓する。

ラオックスが「天猫国際」に8/1出店へ、約79兆円の消費者向け中国EC市場を開拓

家電量販店のラオックスは8月1日、アリババグループが運営する「天猫国際(Tmall Global)」に「ラオックス海外旗艦店」をオープンする。今回の出店で展開する海外ECサイトは5店舗目。

「Qoo10」出店と海外対応の独ドメサイトを同時開設する「Q-Store」、ジオシスが提供

ショッピングモール「Qoo10」を運営するジオシス合同会社は日本語や英語など4か国に対応した独自ドメインサイトの開設と、「Qoo10」に同時出店できるサービスの提供を始める。

海外向け集客支援サービス「インバウンドマーケティング」を加盟店に提供開始、GMO-PG

決済事業を行うGMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)は5月21日、日本に興味のある外国人などに対し、ECサイトへの訪問を促し、商品購入につなげるマーケティング施策を支援するサービスを開始した。

2015年のEC市場を占う! 押さえておくべきポイントは?

「新カテゴリ」「物流改革」「海外」3つの新たな取り組みに着手するロコンドの2015年の戦略

2011年に靴のECからスタートしたロコンドは、2015年に「新ジャンル」「物流改革」「海外」といった新たな取り組みに着手する。

海外向け通販支援の多言語ECカートとマーケティングをセットで提供、インフォキュービック

グローバル検索エンジンマーケティングなどのインフォキュービック・ジャパンは韓国大手のデジタル・エージェンシーのMEGAZONEと業務提携し、2月5日から多言語対応した越境向けECプラットフォームの提供を始める。

通販新聞ダイジェスト

日本郵便が中国の通販サイト「全球購」通じ訪日中国人向けECサービス、宿泊先に商品を配送

日本郵便(JP)の子会社で物販事業を手掛ける郵便局物販サービス(TS)は、中国のネット旅行会社・上海携程国際旅行社有限公司(Cトリップ)および越境ネット販売などを行うウィ・ジャパンとともに訪日中国人観光客向けの日本商品のネット販売に乗り出す。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社