ネット決済サービスを提供するメタップスは1月19日、20万件以上の登録事業者数を持つ決済サービス「SPIKE」のプラットフォームを、外部事業者でも活用できるようにする「SPIKE Fintech Platform」の提供を開始した。

従来の煩雑な手続きを解決、外部の金融機関や事業会社との連携が行いやすくし、「SPIKE」利用者に対して多くのサービスを提供できるようにする。

「SPIKE Fintech Platform」は、「SPIKE」の20万以上の登録事業者に対して⾦融機関や事業会社が共同でサービス提供できる仕組み。以下のようなサービスが新たに開発できると見込んでいる。

  1. インフラ:銀行システムとのデータ連携をAPIで実現
  2. 決済・送金:セキュアで利便性の高い決済・送金サービスを開発
  3. 融資・貸付:販売実績をもとにした与信付与で迅速な融資や貸付を実現
  4. 保険:取引実績や登録データをもとにした新しい保険商品の開発
  5. リース:事業に必要な機材を簡単に申し込めるリースの提供
  6. カード:仮想通貨や優待などを絡めた新しいカード商品の開発

共同で開発する金融機関や事業会社の募集や詳細については、こちらから。

「SPIKE Fintech Platform」のイメージ
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム