よろしければこちらもご覧ください

アマゾンは2月1日、オンラインからAmazonの仕入先として登録できる新サービス「Amazonベンダーエクスプレス」の提供を開始した。

これまでAmazonの仕入先となるには、アマゾンのバイヤーを通して契約を結び、商談で価格などを決めて商品を卸販売する必要があった。「Amazonベンダーエクスプレス」は無料で登録できるため、地方や小規模な企業でも簡単にAmazonを通じて、商品を販売することができるようになる。

アマゾンはバイヤーを介さずにオンライン上でサプライヤーが登録できるようにすることで、取扱商品の拡大につなげていく。

「Amazonベンダーエクスプレス」は、指定のフォームから、商品情報、「Amazon.co.jp」で消費者に販売するための販売推奨価格、アマゾンへの卸売価格などを入力。その後、販売したい商品のサンプルをアマゾンに発送(1商品の価格が500~6000円の場合1商品当たり3個、6001~9000円の場合2個、9001円以上の場合1個)する。

卸売価格がアマゾンの想定内の価格であれば、提案した価格が承諾される。アマゾンが想定した卸売価格よりも高ければ、その商品に合わせて低い卸売価格がオンライン上でサプライヤーに提案される仕組み。

卸売価格はAmazon上の類似商品の価格などのビッグデータを活用することで決定する。

サプライヤーとアマゾンで価格の了承が行われた後、アマゾンのフルフィルメントセンターに商品を送付すると、Amazon.co.jpで販売が開始される。Amazonのフルフィルメントセンターへの商品の送付は着払いでも可能。

「Amazonベンダーエクスプレス」はアメリカで2014年6月から始まっており、ドイツ、イギリスに続き日本では4か国目となるという。

「Amazonベンダーエクスプレス」TOPページ
担当編集者のコメント: 

「Amazonベンダーエクスプレス」はEC事業者にとって便利に活用できそうだ。

まず在庫処理。自社で売れなくてもアマゾンでは売れるケースがあるため、在庫商品の処理として「Amazonベンダーエクスプレス」を活用できるのではないか。

また、アマゾンにマーチャントとして参加していない企業にとって、自社の商品がアマゾンで売れるのかテストすることができる。実際、卸売りで好調な売れ行きであった場合、自社出品に切り替えて販売することで、販売リスクを軽減することができる。

すでにアマゾンに出品しているEC企業にとっては、アマゾンの倉庫に商品を預けた場合(FBAを利用した場合)、どれほど売れるかをテストすることもできる。FBAを利用するとアマゾンの商品と同様に送料無料が適用され、「お急ぎ便」にも対応できるので売り上げが高まる。

ただ、商品ではどれほど売れるかがわからないため、FBA利用に踏み出せないというEC事業者も少なくない。「Amazonベンダーエクスプレス」を使うことは、FBAを利用した場合のテストを行うことができるので、活用する事業者が増えてきそうだ。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム