よろしければこちらもご覧ください

Amazonは12月5日、ボタンを押すだけでペットフードや洗剤、飲料などの日用品を注文できる小型端末「Amazon Dash Button(アマゾン ダッシュ ボタン)」の日本での発売を開始した。Amazonの有料会員制度「プライム会員」に加入しているユーザーのみ利用できる。残り少なくなったなと感じたとき、すぐに注文できる環境を提供することで、日用品の販売拡大につなげる。

メーカーごとではなく商品ブランドごとに販売される。当初は、サントリーのミネラルウォーター「南アルプス天然水」、P&Gの台所洗剤「Joy」、カルビーのシリアル「フルグラ」など、40ブランド(700種類以上)のボタンを用意した。

アマゾンダッシュボタン

「アマゾンダッシュボタン」を利用するには、まず「Amazon.co.jp」で、ほしいブランドのダッシュボタン端末を注文。端末価格は500円だが、ダッシュボタンを使って購入した商品の初回注文の金額から500円が差し引かれるため、実質無料となる。

届いたダッシュ端末をスマートフォン向けのAmazonショッピングアプリとペアリングし、自宅のWi-Fiと接続し、アプリで繰り返し注文したい商品を選ぶ。例えば、「フルグラ」の場合、通常のフルグラのほか、「4種の実りメープル味」など選ぶことができる。設定した商品がその後、繰り返し注文されるが、改めてスマホアプリから設定しなおすこともできる。 

設定が完了すると、ボタンを押すだけで設定した商品の注文が可能になる。ボタンを押したあと、注文内容がアプリに届くため、間違って押してしまった場合のキャンセルも可能となっている。

アマゾンダッシュボタンの設置イメージ

アマゾンダッシュボタンは、2015年3月に米国でサービスを開始。すでに、オーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリスなどでも販売されている。米国では、当初、18ブランドで開始したが、現在は200ブランドまで拡大しており、利用者は自宅で平均4個のボタンを使っているという。

あわせて、家電機器と連携して日用品の再注文を自動化する「Amazon Dash Replenishment(アマゾン ダッシュ リプレニッシュメント)」も提供することが発表。この機能を搭載した家電として、例えば、炊飯回数や炊飯合数を検知して、自宅のお米がなくなる前にお米を自動発注する炊飯器などが開発される予定だという。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム