よろしければこちらもご覧ください

ジャストシステムが1月25日に公開した調査データ「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査~2016年総集編 【トレンドトピック版】」によると、各種Webサービスをスマートフォンで利用する場合、アプリからの利用にシフトしているという。

アプリからWebブラウザを利用することが多いユーザーのECサイト利用を見てみると、「Amazon」は前年調査に比べ15.8ポイント上昇し40.5%。「楽天市場」も同13.0ポイント増の36.0%になった。

スマホから各種Webサービスを利用する際の利用方法

「Amazon」をアプリから利用することが多いユーザーは若年層ほど高くなる傾向がある。男性、女性では大きな差はない状況。

一方「楽天市場」をアプリから利用することが多いユーザーは、楽天の主要顧客層である20~50代の女性が高くなっている。

Amazonの利用方法

楽天市場の利用方法

ネットショッピングのスマホ利用は前年の3倍以上

ネットショッピングを利用する際に主に使用する機器を聞いたところ、スマートフォンと答えたユーザーが34.0%で、前年調査(10.8%)に比べ3倍以上になった。

年齢の若いユーザーほどスマホ経由でネットショッピングを行っているという。

ネットショッピングをする際に利用する機器

また、スマホでのネットショッピングの方法を聞いたところ、アプリでネットショッピングを行うことが多いと答えたユーザーが最も多く43.1%。Webでネットショッピングを行うことが多いのは32.5%で、アプリとWebを同じくらいの頻度で利用しているのは21.9%。

今後、スマホのネットショッピングで売り上げを伸ばしていくにはアプリの用意が必須になってきていることがわかる。

スマホでのネットショッピングを行う際の方法

スマートフォンでWebサイトを閲覧する際に、そのWebサイトがスマートフォンの画面サイズに最適化されていない場合、57.2%のユーザーがストレスを感じると回答しており、40.1%のユーザーが見たい情報があったとしても離脱するとしている。

大規模セールの利用「楽天スーパーセール」が圧倒

ECの大規模セールについて、51.9%のユーザーが「ECサイトの大規模セールを意識はしないがたまたま見かけた際に利用することが多い」と回答。その日を狙って購入するというユーザーは20.5%にとどまっている。

大規模セールの利用意識

大規模セールで最も利用したことがあるのは「楽天スーパーセール」で78.4%のユーザーが利用。「Amazonプライムデー」は28.0%、「Yahoo!ショッピングいい買い物の日」は25.6%だった。

各種大規模セールの利用状況

若年男性のSNS経由での購入増える

SNS経由で商品を購入したことがあるかという問いに対しては、64.3%が購入したことがないと回答。ただ、10代男性の52.4%、20代男性の26.6%がSNS経由で買い物をすると回答している。10~20代男性向けの商品はSNS経由で売れる状況になってきている。

SNS経由での購入について

CtoCアプリで出品・販売をするかについて聞いたところ、よく出品・販売するという回答が15.9%、出品・販売することがあるが17.6%になっており、33.5%の人がCtoCアプリで出品・販売をしている状況が明らかになった。

CtoCアプリでの販売の有無について

調査はジャストシステムが「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」として毎月1回実施しているデータをまとめて分析し、編纂したもの。対象期間は2016年1月~12月で、全国の15歳から69歳の男女1100人が対象となっている。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム