公益社団法人日本通信販売協会(JADMA)は1月30日、2019年5月の改元に伴う情報システム改修などへの対応例を記載した文書を公表した。同文書は経済産業省が作成、JADMAなど関連団体に周知を呼びかけている。

文書では、新元号の公表前に行う作業として、①和暦の使用状況の調査と、システム改修計画の策定②他システムとの連携における、連携先の対応方針の確認③プログラムの修正と動作テスト④修正したプログラムの適用などの、リリース作業のリハーサル――をあげている。

また、4月1日に新元号が公表された後には、印字や表示を含め、処理が適正に行われているかどうかのテストを行うことや、他システムとの連携のテストを行う必要があるとしている。

システム改修における対応例として、次のような作業をあげた。

  1. 和暦を使用しているシステムの依存関係を把握し、相互運用を損なわない更新手順の策定
  2. データを和暦表示で保有している場合の改元以降の新元号表記への変換
  3. 書面やシステムの画面上に元号を印字・表示している場合、印字・表示内容の変更
  4. 西暦と和暦との変換処理を行っている場合、変換プログラムの修正又は変換テーブルへの登録

改元対応のチェックリスト(経済産業省作成)

JADMAのサイトからチェックリストのPDFをダウンロードできます(クリックするとPDFが開きます)

1.1

  1. 調査・確認が完了しており、自組織の情報システムの和暦を使用している部分を特定できている。
  2. 調査・確認が完了しており、自組織の情報システムでは、和暦を使用していないことがわかっている。
  3. 調査・確認作業の最中である(部分的に完了している場合を含む)。
  4. 今後、調査・確認を行っていく。

1.2

  1. アップデートによる影響を考慮して調査しており、特段の影響はないことがわかっている。
  2. アップデートによる影響を考慮して調査しており、影響があるため、アップデートスケジュールを確認、注視している。
  3. アップデートによる影響を考慮していなかったため、今後実施する。

1.3

  1. 連携について考慮して調査しており、交換するデータや処理に元号の変更に影響される部分があることを確認している。
  2. 連携について考慮して調査しており、交換するデータや処理に元号の変更に影響される部分がないことを確認している。
  3. 連携について影響を考慮していなかったため、今後実施する。
  4. 自組織にシステム間でデータ連携等を行う情報システムはない。

1.4

  1. 自組織の情報システムの改修を伴う対応が必要である。
  2. 和暦を使用しているが、導入しているパッケージ製品のアップデート等、軽微な対応でよい。
  3. 改修等の対応は必要ない。
  4. 和暦が用いられている部分についての調査・確認は完了しているが、改修等の必要性については、今後判断していく。

2.1

  1. 全て又はほとんどの情報システムで具体化し、新元号発表前の作業(仮の2文字の元号でのテストなど)まで完了している。
  2. 全て又はほとんどの情報システムで具体化し、確定しており、今後、作業に着手する予定である(作業実施中を含む)。
  3. 一部の情報システムで具体化し、確定しているが、確定作業中の情報システムもある。
  4. 全て又はほとんどの情報システムにおいて作業中である。

2.2

  1. 連携の相手方の対応方針等を確認しており、自組織の対応について十分に検討や調整を行っている。
  2. 連携の相手方の対応方針等を確認している最中であり、自組織の対応については、検討中である。
  3. 今後、連携の相手方の対応方針等を確認する予定である。
  4. 連携に用いるデータは、元号の変更によって影響される部分を含んでいない。
  5. 他組織の情報システムと連携等を行っていない。

2.3

  1. 改元後も旧元号を使用するが、終了時期は明確である。
  2. 改元後も旧元号を使用するが、終了時期は未定である。
  3. 改元後も旧元号を使用するかどうかについては、検討中である。
  4. 改元後は旧元号を使用する予定はない。

2.5

  1. 保守性に配慮された情報システムが多く、改修範囲や作業量は限定的である。
  2. 保守性に乏しい情報システムが多く、改修範囲や作業量が多い。
  3. 複雑な情報システム、大規模な情報システム自体がなく、作業量は限定的である。
  4. 画面や帳票に和暦を使用している箇所が多く、複雑な作業はないが、確認に必要な作業量などが多い。
  5. 改修範囲や作業量が検討できておらず、今後これらについて検討を行っていく。

2.6

  1. 全て又はほとんどの情報システムで作業計画等を立案・確定できている。
  2. 一部の情報システムで作業計画等を立案・確定しているが、作業中の情報システムもある。
  3. 全て又はほとんどの情報システムにおいて作業中である。

2.7

  1. 全て又はほとんどの情報システムが5月1日又は業務開始日等までに対応できる予定である。
  2. 5月1日又は業務開始日等までに対応できない情報システムが一部ある。
  3. 5月1日又は業務開始日等までに対応できない情報システムが数多くある。
  4. 全体的に業務の遂行に大きな影響はないことから、5月1日以降に対応する予定である。

2.8

  1. 考慮した作業計画等を立案しており、新元号発表の前の作業を明らかにできている。
  2. 作業量が小さいなどの理由から、新元号発表の前の作業をすることなく対応可能である。
  3. 考慮していなかったため、今後、新元号発表の前に作業が必要かどうか検討する予定である。

3.1

  1. 作業計画等において、具体的なテスト内容や実施スケジュールを確定している。
  2. 現時点の作業計画等において明らかになっていないため、今後、検討する予定である。

3.2

  1. 考慮して作業計画等を立案しており、連携に係るテストの実施スケジュールが確定している。
  2. 考慮して作業計画等を立案しており、連携に係るテストの実施スケジュールは確認等の作業の最中である。
  3. 考慮して作業計画等を立案しているが、連携に係るテストは不要である。
  4. 考慮していなかったため、今後、検討する予定である。
  5. 他組織の情報システムと連携等を行っていない。

4.1

  1. 対応できないと見込まれる全て又はほとんどの情報システムにおいて検討を行っており、代替措置の実施などにより、業務への影響を最小限とする予定である。
  2. 対応できないと見込まれる全て又はほとんどの情報システムにおいて検討を行った結果、業務の遂行に際しては特段の支障はないと考えている。
  3. 全て又は一部の情報システムにおいて検討が完了しておらず、作業中である。

4.2

  1. 全て又はほとんどの情報システムで作業計画等を立案・確定できている。
  2. 一部の情報システムで作業計画等を立案・確定しているが、作業中の情報システムもある。
  3. 全て又はほとんどの情報システムにおいて作業中である。
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム