QRコード決済サービス「PayPay(ペイペイ)」を提供するソフトバンクとヤフーの共同出資会社PayPayは、2018年12月に実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」に続き、「第2弾 100億円キャンペーン」を、2月12日から実施すると発表した。期間は5月31日までで、付与額が100億円に達した時点で終了する。第2弾は1回のユーザーへ還元する上限額を1,000円、1人あたりの上限額を合計5万円までとした。「多くのお客さまに毎日使っていただくのが目的」としている。

「100億円あげちゃうキャンペーン・第2弾」の概要

キャンペーンを予告するPayPayのサイト

第2弾「100億円あげちゃうキャンペーン」

期間:2019年2月12日午前9時~5月31日 (キャンペーン期間中でもPayPayボーナスの付与が100億円相当に達した場合は終了)

①「買い物で付与」
  • 銀行口座を接続した場合……20%付与
  • Yahoo! JAPANカード……19%付与
  • その他のクレジットカード……10%付与
  • 付与上限は1回の買い物につき1,000円+キャンペーン期間中の合計5万円相当
②「やたら当たるくじ(懸賞)」
  • Yahoo!プレミアム会員……5回に1回 100%付与
  • 会員以外……10回に1回 100%付与
  • 付与上限は1回の買い物につき1,000円+キャンペーン期間中の合計2万円相当
  • Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードは対象外

※①②とも、PayPay残高にPayPayボーナスとして翌月20日前後に付与する

第2弾 100億円キャンペーンの概要1
 
第2弾 100億円キャンペーンの概要2
第2弾 100億円キャンペーンの概要

12日からのキャンペーン開始に先駆けて、2月4日から初チャージで1,000円相当を付与するプレキャンペーンも実施する。2月12日8時までの期間で、銀行口座かYahoo! JAPANカードからPayPay残高に初めてチャージするユーザーを対象に、5,000円以上をチャージすると、1,000円相当のPayPay残高を付与する。

PayPay残高に5,000円以上チャージで1,000円相当増量キャンペーン
プレキャンペーンの概要
キャンペーン期間中のPayPayの利用イメージ
キャンペーン期間中のPayPayの利用イメージ

付与の上限が1,000円と少額のため、前回ほどのインパクトはない。今回のキャンペーンについて代表取締役 社長執行役員 CEOの中山一郎氏は、下記のように語った。

前回のキャンペーンでは、まずQR決済というものを知っていただく、「PayPayという名前を知っていただく、決済を体験していただくという事が目的だった。今回のキャンペーンでは、多くの方に長い期間、何度でも繰り返しご利用いただきたい。「便利だな」「安心だな」「お得だな」と思っていただくユーザーが1人でも増えることに注力したい。(中山氏)

PayPay 代表取締役 社長執行役員 CEO 中山一郎氏
PayPay 代表取締役 社長執行役員 CEO 中山一郎氏

第1弾キャンペーンの成果と課題

大きな話題となった第1弾の「100億円あげちゃうキャンペーン」について、中山氏は「短期間で認知が向上し、多くの方にご利用いただくなど、成果があった一方、システム障害やクレジットカードの不正利用など、課題や反省すべき点が多くあった」と語った。

第1弾キャンペーンの概要
第1弾キャンペーンの概要

第1弾キャンペーンの成果

第1弾は10日間でキャンペーンが終了。キャンペーンを機に、他社サービスと比較して名称認知度とサービス理解度が向上した。

キャンペーン以降、認知度・理解度ナンバーワンに
 

また、サービス開始4か月で累計登録者が400万人を突破。これはヤフー関連のサービスでも過去最高の速さだという。

サービス開始4か月で累計登録者数400万人突破
 

加盟店数も10倍に増加。加盟店独自のキャンペーンも実施された。

多くのお客様を加盟店へ送客
 
加盟店さまでも独自施策を展開 ビックカメラ ヤマダ電機 エディオン Joshin HIS
 

1月8日から1日で115億円分のPayPayボーナスの付与を実施した。ソフトバンクとヤフーが10億円、PayPayが107億円を拠出(最終日の12月13日に100億円を突破し、終了の24時までに7億円超過した)。

115億円付与完了
 

第1弾キャンペーンで見えた課題

第1弾キャンペーン時には4回のシステム障害が発生し、決済が実行できないといったトラブルが発生した。PayPayではキャパシティを拡充し、管理体制を強化するとした。

システム安定化に向け全社をあげて再発防止に取り組みます
 

また、すでに流出していたクレジットカード情報でPayPayに登録し、商品を購入するといった悪用事例が報告された。

不正入手したクレジットカード情報をPayPayに登録し購入
 

不正利用の対策として、①カード情報の入力回数制限、②30日間以内5万円という利用上限の追加、③さらに24時間以内で2万円の利用上限のついか、④本人認証サービス(3Dセキュア)の導入――などの対策を行った。

クレジットカードにおいてさまざまな不正対策を実施済み
 

不正対策に追加し、本人認証前と認証後のクレジットカードの上限額を2月4日から下記のように設定する。

クレジットカード上限の設定と本人確認サービスの導入
 

また、サービスの普及には加盟店の増加が欠かせない。PayPayでは全国チェーンの加盟店のほか、各地の地域に根付いた企業での導入も進める。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム