スマートフォン向けCtoCマーケットプレイス「メルカリ」を展開するメルカリは9月12日、アメリカで「メルカリ」の提供を始めたと発表した。8月からテスト版を提供していたが、既に1日の出品数が数千品規模に拡大、本格スタートに踏み切った。今後、米国での事業を拡大し、海外展開を強化する考え。

米国版の「メルカリ」は日本版と共通のデザインを採用。対応OSもiOSとAndroidに対応した。

日本では2013年7月3日にサービスを開始。同時期に多くのスマホ向けCtoCマーケットプレスサービスが始まったが、販売手数料などが必要ないことや、代金のやり取りが簡単な点を強みに成長。テレビCMを投入するなど積極的なPRを行ったことから2014年9月16日には500万ユーザーを突破。月間流通金額は数十億円規模に成長している。

アメリカ版「メルカリ」の画面

 

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム