EC支援のハングリードは12月18日、多店舗在庫連動システム「zaiko Robot」を、ロックオンが提供する「EC-CUBE」の多言語版に対応させた。すでに日本語版の「EC-CUBE」には対応しているが、ユーザーから海外消費者向けサイトにも対応してほしいというニーズがあったため海外言語にも対応。まずは英語に対応した。ハングリードでは今月、楽天シンガポールに対応するなど、海外言語対応を進めており、今後も海外言語対応を強化していく考え。

「zaiko Robot」は複数のネットショップの間で在庫情報を一元管理することで、売り逃しや売り越しを防ぐためのシステム。16種のモール、22種のカート、8種のビジネスアプリ(POS、WMS、販売管理など)と在庫連動可能なシステムで、その対応数は国内最大となっている。

円安の影響もあり、海外のユーザー向け販売(越境取引)が活発化している。そのため、海外ユーザー向け販売を支援するサービスが急速に増えてきている。(参照記事1)(参照記事2

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム