よろしければこちらもご覧ください

楽天市場のリアルイベント「楽フェス」が東京ビッグサイトで8月1日から始まった。1日目は猛暑にもかかわらず、会場には数多くの楽天ユーザーが来場。暑さを吹き飛ばす活気で、会場は1日中多いに盛り上がった。特に盛り上がりを見せたブースや会場の様子をレポートする。

うまいもの大会のエリアはどのブースも行列が

記者が開場に到着したのは10時30分。到着すると、受け付けや入り口付近にあまり人が見受けられず、閑散としていたため、「午前中はまだ人が少ないのか」と思った。しかし、実際に会場内に入ってみるとそこには数多くの来場者がひしめき合っているような状況が広がっていた。

受付前や入り口付近は人通りがまばらだったが・・・

中に入ってみると人であふれていた

まず最初に向かったのは「うまいもの大会」の会場。初日は44店舗が店を構えていたが、すでに多くの店で行列ができており、待っている人がいない店舗は1店舗もなかった。

なかでも長い行列となっていたのが「パティスリー銀座千疋屋」のブース。1日50個限定の「丸ごとマスクメロンスムージー」(3000円)は、開場直後注文が殺到し、すぐに売り切れとなっていた。また、「ぷるるんもつ鍋ラーメン」(600円)を販売する「食福亭 味革」ブースや「極上ハンバーグステーキ」を使ったハンバーガーを販売する「大阪の味ゆうぜん」などのブースは1日中行列が途切れることがないほど、人気だった。


人気のブースには常に行列ができていた

ワークショップは子供連れでにぎわう

12時から実施されたワークショップでは、食品サンプルの体験が人気。特に子供連れの家族がケーキやパフェなど、サンプル作りに夢中になる様子が見られた。また、DJ体験ができるワークショップにも子供が数多く参加していたが、なかなか難しかったのかすぐに飽きてしまう子供も数多く見られた。

また16時から始まった、たらこを作るワークショップや壁紙の貼り方のワークショップも多くの家族連れが集まっていた。

子供たちは食品サンプル作りに夢中だった

物販ブースではいろいろな工夫で人を集める

ビューティーエリア、ファッションエリア、ライフスタイルエリアなどの物販エリアでは、午前中は、まずはおいしいものを食べたいという来場者が「うまいもの大会」のエリアに集まっていたこともあり、人通りはまばらだった。しかし、午後になってから、こうしたエリアも人通りが多くなり、実際にその場で購入する来場者も多かった。会場限定の福袋セットを販売したり、その場でゲームを行うなど、来場者を呼び込むための工夫をしているブースが数多く、そうしたブースには多くの人が常に入っていた。

なかでも、多くの人を集めていたのが「宝酒造」のブース。人気のスパークリング清酒「澪」の試飲を行うほか、その場で同社のフェイスブックページに「いいね」をすると、ボトルを1本プレゼントしており、多くの人がその場でスマホを見せている様子が見られた。

多くの人が「いいね」を押した画面を見せていた

また、「おふろとキッチン専門店リリパ」のブースでは実際にユニットバスの組み立てを行い、簡単にリフォームができることをアピールして来場者の注目を集めていた。

ブース内でユニットバスの組み立てを実施

PC・周辺機器などを扱う「コンプモト」のブースでは、子供用ドレスなどECサイト「リトルプリンセスルーム」とコラボ。ディズニーのプリンセスドレスを着て写真撮影ができるようになっており、その場でプリントをして販売するプリンタの性能をアピールするなど、工夫を凝らすことで多くの来場者を集めていた。

子供ドレスの試着会も人気に

夏のスイーツグランプリは「御菓子所まつ月」が獲得

まち楽エリアでは、焼きうに、ちりめん山椒、ビーフカレー、めかぶなど、数多くの地方の「うまいもの」から3つ選びご飯の上に乗せて食べれる「おかずめぐり」が人気となっていた。このほか、宮城県、岩手県、鹿児島県、沖縄県などは楽天市場内で「ふるさと割」を実施しており、30%OFFで購入できる地元のショップを紹介していた。

「おかずめぐり」も常に行列ができていた

ステージエリアではタイムセールが行われたほか、初日の企画として夏のスイーツグランプリの最終審査と結果発表が行われた。パティシエの辻口博啓さんなどが特別審査員として参加したほか、事前に登録申し込みをした100人のユーザーが最終審査員として9つのスイーツを試食し、投票を行った。その結果、「御菓子所まつ月」が販売する「氷点下熟成 福寿鉱泉水仕込み 福福餅」がグランプリに選ばれた。

実際にその場で試食をして、美味しいと思った商品を選んだ

「氷点下熟成 福寿鉱泉水仕込み 福福餅」がグランプリを受賞した

2日目以降は店舗の声もレポート予定

初日を通じて感じたのは「楽フェス」はまさにお祭りとなっていることだ。どこに行っても面白いものが目に入り、美味しそうなにおいもどこからともなく漂ってくる。遊ぼうと思ったら1日中遊ぶことができ、新たな発見もたくさんあり、何より人が多く活気があった。

初日は、東京ビッグサイトの第4ホールだけでの開催だったが、2日目からはいよいよ第2ホールも使い、さらに多くの出店ブースが出てくる。ネットショップ担当者フォーラム編集部では2日目以降も現地からのレポートを実施し、2日目からは実際にブースを構えているショップの声なども含めてレポートしていきます。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム