プラスアルファ・コンサルティングは10月20日、マーケティングオートメーションシステム「カスタマーリングス」に、ECサイトのLTV(顧客生涯価値)を最大化するための新機能を実装した。通販企業の要望を反映させ、新機能の開発に至った。

新たに追加した機能は主に、分析機能、マーケティングオートメーションの機能強化。いずれも通販事業の収益向上に直結する機能となっている。

分析機能の強化は、流入チャネル別のLTV集計表に、各チャネル別の獲得単価を算出できる機能、RF集計表に前月実施した施策に対する反応数(率)の表示と対象顧客の抽出機能、アクセスログ機能を強化。メールへのクリック時に顧客情報とアクセスログを紐づける機能を追加した

マーケティングオートメーション機能は、買い物忘れ顧客へのリマインドメール、複数のメールタイトルを同時にサンプリング配信し、成果に応じて本配信を行うABテスト機能、毎月や毎年など定期的に購入している商品のレコメンド機能を追加した。

「カスタマーリングス」の通販向け機能を強化していくことで、通販企業を中心に1年間で100社の導入をめざすとしている。

流入チャネル別のLTV集計表に、各チャネル別の獲得単価を算出
この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]