よろしければこちらもご覧ください

GMOペパボは10月21日、運営する国内最大のハンドメイドマーケット「minne」において、ヤマト運輸と連携し、年内にもハンドメイド作家が商品を簡単に送ることができるシステム連携を行うほか、オリジナルデザインのパッケージの提供を開始すると発表した。

システム連携により、ハンドメイド作家はヤマトが提供する「宅急便コンパクト」と「ネコポス」を利用する際に、面倒な宛名書きをすることなく発送できるようになる。「minne」成立上で売買が成立した後に、梱包した商品をヤマト運輸直営店に持ちこみ、取引成立時に発行されたQRコードを店頭端末「ネコピット」で読み込んでもらうことで、送り状が印字され、宛名書きをすることなく配送することができる。現在はヤマト運輸直営店に持ち込む必要があるが、今後はコンビニなどでも利用できるようにしていく考え。また、投函完了時にアプリでプッシュ通知する機能の提供も予定している。

また、共同で「宅急便コンパクト」と「ネコポス」のそれぞれで「minne」のオリジナルパッケージの開発。ヤマト包装技術研究所が開発した、簡単にすばやく綺麗に梱包できる「クイックフィットエコノ」が採用されており、簡単に梱包できるだけでなく、開封時にきれいに作品が見えるパッケージとなっている。年内に作家に提供を始める。

ヤマト運輸ではすでに「メルカリ」、「フリル」、「アニマート」などと連携し、出品者が簡単で安価に発送できるサービスをそれぞれに対して提供している。

連携の詳細
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]