よろしければこちらもご覧ください

メール配信サービスなどを展開するエクスペリアンジャパンは11月5日、メール配信をせずにメールアドレスの配信可否を判別するソリューション「Email Validation(Eメール バリデーション)」の提供を開始した。会員登録時などメールアドレスが入力されたタイミングで、瞬時に配信可能かどうかを検知。エラー表示することで、会員登録時などの離脱率を下げることが可能になる。

会員登録時などにメールアドレスの記入間違いを防ぐには、入力されたメールアドレスに本登録のためのURLを記載したメールを送り登録してもらうことで、入力間違いが発生しない仕組みが多かった。ただ、こうした登録方法では、入力間違いがある場合、再度入力してもらう手間が発生するほか、携帯電話のキャリアアドレスなどではブロックされるケースがある。ブロックされ、メールが届かずに会員登録できないことも多く発生していた。

「Eメール バリデーション」はメールアドレスが入力されたタイミングで、瞬時に配信可否を検知。配信不可と検知したエラーアドレスに、入力者自身がタイプミスやエラーを発見できるようにメッセージをダイナミックに表示する。ユーザーはすぐに修正することができ、登録時の離脱率を下げることができる。

加えて、取得しているメールリストにメールを配信する前に、一括で配信可否をチェックする機能も搭載した。

一定期間放置されたアドレスリストに対してメール配信する場合、配信可否状況は実際に配信をしてみないと確認できない。エラーアドレスに対して大量にメールを配信すると、ISPや携帯電話キャリアなどからスパムメール認定を受け、全てのメールが迷惑メールフォルダに振り分けられたり、メール配信自体に規制がかかってしまう恐れがある。

配信不可のアドレスをリストに大量に含んでいる場合、配信後の効果測定に誤差が生じ、マーケターの判断を誤らせる危険性もある。

事前に配信メールリストをクリーニングすることで、こうした問題が解決可能となる。

すでに、ブックオフオンラインが導入し、導入効果などを記した資料を同社のHPからダウンロードできるようになっている。

2つの機能でEC事業者を支援
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]