よろしければこちらもご覧ください

ウェブサイトで用いられるオープンソースの暗号通信ソフト「オープンSSL」の運営組織は6月5日、同ソフトに新たに7件の欠陥が見つかったと発表。あわせて、修正プログラムを公開した。

同ソフトは今年4月にも深刻な欠陥が見つかっており、三菱UFJニコスのウェブサービスから個人情報が流出した可能性があった。今回の欠陥もサイバー攻撃でサーバーが乗っ取られる可能性があるため、利用者には早急な対応が求められる。

SSL認証システムはネット上でクレジットカード番号やパスワードなど個人情報をやりとりする際の暗号化に使われているシステム。

ASPやパッケージソフトでサイトを制作しているEC事業者の場合、問題があれば、すぐにベンダーから連絡があるほか、システムによってはベンダーが一括して修正することも可能となっている。ただし、オープンソースのECサイト構築システムを利用している場合、EC事業者自身が早急な確認と対応が必要となる。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]