楽天は1月15日、全国各地の商業高校の学生などが実践的なECサイト運営などを学ぶ「楽天IT学校」実施校のなかから、優れた取り組みを行ったチームを表彰する「楽天IT学校甲子園」を開催、参加全57校のなかから今治北高等学校のチームが優勝した。

今治北高校は抹茶と茶道具を取り扱うECサイト「香月園」で、世界20か国の子どもたちの絵がデザインされた抹茶用茶碗を販売。ストーリー性のある販売ページに高い評価が集まった。

準優勝には岐阜商業高校のチームを選出。「毛糸・手芸・コットン 柳屋」で「広がるフラワー巾着キット」を販売しした。高校生らしいページデザイン、英語ページの作り込みなどが高評価につながった。

3位は「オーダースーツ注文紳士服アベ」が販売するネクタイのページを作った利根商業高校のチームとなった。

優勝の記念撮影を行う今治北高等学校のメンバー

楽天IT学校は2008年から毎年開催、1年間に全7回の講座を実施している。地元の「楽天市場」に出店する有力店が講師として参加し、実際の運営ノウハウを伝える授業を展開。職場訪問などを受け入れ、高校生に実際のEC運営の現場を体感してもらう実践的な授業を行っている。

2015年は全国57校で実施。授業を通じ起業家精神の育成を図り、将来的にECサイトを運営する運営者を増やして、地域活性につなげるのが取り組みの狙い。

楽天IT学校など楽天のCSRを担当する黒坂三重執行役員は表彰式のなかのあいさつで、「実際に楽天IT学校で学ばれた人の中から、地元のショップに就職したという人も出てきている。今回、教えていただいた講師の方はいろいろな面で相談してもらえると思うので、ぜひ甘えてみてほしい。高校生の皆さんには今回の経験をぜひ将来に生かしていただきたい」とエールを送った。

参加者全員で記念撮影

1位 今治北高等学校

4コマ漫画のようにストーリ仕立てにしたページを作ったのですが、思ったような写真がうまく撮影できずに苦労した。それでもいいページにしたいと頑張って何度も撮り直し、いいページが作れたことがよかったと思います。昨年は、同じ商品でもまったく売れなかったと聞いていたので、売れたときはとてもうれしかった。ネットでどのようにすれば売れるのかを体験できたことは、とてもいい体験だったと思うので、今後に生かしていきたいと思っています。

2位 岐阜商業高校

高校生が作ったということをアピールするために、自分たちの顔を出して、高校生らしさをアピールできたことが、売れ行きにつながったと思います。時間がない中で、いかにいいプレゼンテーションにするかを考えることもいい経験になりました。売り手側の目線で販売するのではダメで、お客さまのことをしっかり考えて商品をアピールしていかなければならないことを学ぶことができました。

3位 利根商業高校

僕たちの商品は男性向けなので、白を基調として全体的に見やすいページにするよう心がけました。また、物語性をしっかり作った方がいいということだったので、主人公を設定し、ユーザー像をしっかり際立たせるようにしました。売れないものだと思っていましたが、2か月で20本くらい売れてビックリするとともに、嬉しかったです。とても貴重な経験になりました。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム