メタップスは2月24日、オンライン決済サービス「SPIKE(スパイク)」で展開する「SPIKE Fintech Platform」の第1弾として、ECサイトなどのM&A仲介サービス「SPIKE マッチング」を開始した。新銀行東京と提携してサービス提供する。

「SPIKE」を利用しているECサイトは個人運営が多く、サイトを売りたいというニーズが高いと考えられることから、M&A仲介サービスを始める。

「SPIKE マッチング」は、売り手側と買い手側が必要な情報を入力すると、人工知能(AI)が各案件の情報を分析、最も条件が近いもの同士をマッチングする。

その後、具体名を伏せた匿名の形式で売り手と買い手の双方にメッセージを送り、興味があった場合に交渉が開始される仕組み。

マッチングの対象はECサイトのほか、スマートフォンアプリ、ソーシャルゲーム、キュレーションメディア、アドネットワークなど。インターネット関連ビジネスのみとする。

料金体系はマッチングが成約した際、売り手、買い手の双方に買収額の5%がかかる仕組み。新銀行東京と提携し、事業買収したいが資金が不安という企業向けに、買収資金の融資もサポートする。

メタップスでは今後も、「SPIKE」の20万以上の登録事業者に対し、⾦融機関や事業会社が共同でサービス提供できるサービス「SPIKE Fintech Platform」を利用して新たに開始するサービスを増やしていく考えだ。

SPIKE マッチング
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム