Amazonは4月6日、「Amazon.co.jp」の配送料を改定し、購入金額2000円未満の商品の通常配送料を無料から350円(税込)に引き上げた。Amazonが発送する書籍とAmazonギフト券は今後も送料無料を継続。Amazonプライム会員(年間3900円)については、全商品無料で配送する。

米Amazonでは、送料無料となる注文価格を値上げしても、Amazonプライム会員の増加などで売り上げが拡大。日本でも送料無料を中止しても、さらなる成長が見込めると考えたと見られる。

「Amazon.co.jp」は2009年9月まで、注文金額が1500円以上で送料無料としていた。2009年9月から本全品を注文価格に関わらず送料無料にするキャンペーンを開始。その後、CD、DVD、ゲームソフトなども送料無料に設定し、2010年11月から全品送料無料を通常サービス化した。

アマゾンジャパンに値上げの理由を聞いたところ、「多様な配送オプションの充実に注力する中で、ユーザーの利便性向上を検討し決定した」という。今後も「価格、品ぞろえを含めた総合力でニーズに応えていく」としている。

Amazonが全商品の送料無料から撤退したことで、これまでAmazonへの対抗策として送料無料にしていた他のECサイトでも送料無料からの撤退が増える可能性も考えられる。

Amazon.co.jpの配送料に関する記述
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム