EC構築オープンソース「EC-CUBE」の開発・提供やインターネット広告の測定システム「AD EBiS」の提供を行うロックオンは8月11日、東京証券取引所からマザーズ市場への新規上場承認を受けた。上場予定日は9月17日。公募株数が20万株で、売出株数が14万3000株、そのうちオーバーアロットメント(OA)は5万1400株。これにより、約2億2000万円の資金調達を見込む。調達資金はサーバ設備やネットワーク関連機器の増強などに充当。既存のサービスの強化を図るほか、人員増加に伴うオフィス移転費用等の設備資金に充てる予定。

ロックオンの直近業績は、2012年9月期の売上高が8億6700万円、経常利益は3900万円、当期純利益は600万円。2013年9月期売上高が10億9000万円、経常利益は7500万円、当期純利益は4200万円。

ロックオンは上場を機に同社のサービス提供市場であるインターネット広告市場、EC市場での地位をより確固する方針。今後の市場である「マーケティングオートメーション」市場で国内ナンバーワン企業を目刺し、サービス強化と企業価値向上に努めていくとしている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム