よろしければこちらもご覧ください

JR九州は、新幹線の未活用スペース(旧車販準備室)を使用し、荷物を輸送する新サービス「はやっ!便」を九州新幹線(博多駅~鹿児島中央駅間)で始める。2021年5月18日が開始日。

企業間の急な書類、機械部品、朝採れ野菜・鮮魚といった生鮮品などをスピーディに運搬。最速2時間40分で荷物を届ける(出発駅での荷物受付締切時間から到着駅での引渡開始時間
)。

JR九州が行う、新幹線の未活用スペース(旧車販準備室)を使用し、荷物を輸送する新サービス「はやっ!便」
活用イメージ

九州新幹線の旧車内販売準備室を活用した荷物輸送サービスで、博多・鹿児島中央の2駅間を、荷物1つあたり900円から運搬する。荷物の受付・引渡は駅の「みどりの窓口」が担う。

JR九州が行う、新幹線の未活用スペース(旧車販準備室)を使用し、荷物を輸送する新サービス「はやっ!便」
「はやっ!便」のサービスイメージ

温度管理は常温のみ。1個あたり3辺(縦・横・高さ)の合計が140センチメートルまでで、10キログラム以内。

JR九州が行う、新幹線の未活用スペース(旧車販準備室)を使用し、荷物を輸送する新サービス「はやっ!便」
料金表と運送時刻(画像はサービスサイトからキャプチャ)

九州新幹線で荷物を運ぶ取り組みについてJR九州は2020年、佐川急便と宅配便荷物を九州新幹線で運ぶ貨客混載事業の協業で基本合意。実証実験を重ね、5月18日から事業を本格稼働する。

輸送品目は、佐川急便が福岡市で集荷して鹿児島市へ配達する宅配便荷物、佐川急便が鹿児島市で集荷して福岡市へ配達する宅配便荷物。福岡市と鹿児島市間における宅配便の即日配達が可能になる。

指定場所から宅配便荷物を集荷し、九州新幹線(博多駅・鹿児島中央駅上下間)の業務用室へ宅配便荷物を積載し輸送、指定場所まで配達する。

JR九州、佐川急便と宅配便荷物を九州新幹線で運ぶ貨客混載事業の協業
佐川急便との新幹線を使った輸送スキーム

 

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint メルカート
[スポンサー]
株式会社アイル 株式会社電通デジタル