よろしければこちらもご覧ください

バイク買取専門店「バイク王」を展開するバイク王&カンパニーは4月21日付で、車輌と周辺部品・用品を取り扱うECサイトの運営・管理業務を目的とした子会社「株式会社バイク王ダイレクト」を設立した。

バイク王&カンパニーは公式サイトでのバイク本体の買い取りと販売、「ヤフオク!」でのバイク販売を手がけている。

現在、全国63店舗のうち58店舗で複合店(買い取りに加えリテールを実施する店舗)を展開。バイクの車両購入時に用品、部品を同時に購入するユーザーが多い傾向にあったという。

また、車両の通信販売需要が高まっていること、用品・部品といった周辺ビジネスの拡大を踏まえ、車両販売への相乗効果や顧客足度を高めるための施策として、車両その用品・部品を扱うECサイトを立ち上げる。

経済産業省の「電子商取引に関する市場調査」によると、「自動車・自動二輪車・パーツなど」のEC市場規模は、前年比2.0%増の2396億円でEC化率は2.88%。バイクや用品のEC市場では、「Webikeショッピング」を運営するリバークレイン(2020年12月期の売上高は119億7000万円)などが市場拡大をけん引している。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]