よろしければこちらもご覧ください

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」を提供するフューチャーショップは、イー・エージェンシーのWebサイト多言語化ツール「shutto翻訳」との連携を開始した。「futureshop」で構築したECサイトにJavaScriptタグを1行追加するだけで、多言語対応が可能になる。

「shutto翻訳」の機能と特徴

①簡単にツールを導入できる

管理画面から翻訳設定を行い、タグを1行設置するだけなので、開発者の手間を最小限に抑えることができる。「futureshop」を利用している企業の場合、初期費用は無料で月額費用6600円(税込)から導入可能。

フューチャーショップ futureshop shutto翻訳 Web多言語化ツール 英語、中国語に翻訳した例
日本語のオリジナルサイトを英語、中国語に翻訳した例
(画像は「フューチャーショップ」サイトからキャプチャ)

②管理画面の操作性の良さ

プレビュー機能で、実際に多言語した画面を見ながら翻訳を確認、編集できる。編集したいテキストや画像をクリックするだけで編集できるため、Webサイトに関するHTMLやCSSなどの知識がなくても簡単に利用可能。

フューチャーショップ futureshop shutto翻訳 Web多言語化ツール ダッシュボード
翻訳対象ページを登録するダッシュボード(画像は「フューチャーショップ」サイトからキャプチャ)

③翻訳の自由動画高く、翻訳後のコンテンツ最適化が可能

Google翻訳を利用したAIベースの翻訳機能に加え、プロへの翻訳依頼や、利用者自身で翻訳ができる。

多言語化により崩れてしまったレイアウトの調整ができる。画像内に文字が入っており、各言語に対応したい場合、各言語用の画像ファイルを用意することで、プレビューを見ながら差し替え対応が可能。また、翻訳をかけたくない箇所の指定もできる。

フューチャーショップ futureshop shutto翻訳 Web多言語化ツール コンテンツ編集機能
コンテンツ編集機能(画像は「フューチャーショップ」サイトからキャプチャ)

④Googleアナリティクス連携機能

Googleアナリティクスと連携することで、サイトを多言語化した際のセッション数やPV数をGoogleアナリティクス上で計測できる。

越境ECツールとの併用により、海外発送における言語や関税などの課題を解消でき、海外ユーザーへの販売も可能になる。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]