よろしければこちらもご覧ください

中国の消費者向けに日本商品特化型の越境EC プラットフォーム「豌豆(ワンドウ)」を運営するインアゴーラは、「中国版Tiktok(抖音)」での日本ブランド旗艦店の運営サポート事業を開始した。

「中国版Tiktok」は、中国で1日あたりのアクティブユーザー6億人が利用する短尺動画プラットフォーム。

インアゴーラは2021年4月、日本企業初の売り場型越境EC旗艦店(複数の商品カテゴリーにわたって、多数のブランドを取り扱う総合型店舗)として、「中国版Tiktok」に越境EC旗艦店を出店、日本商品の販売を開始した。

旗艦店開設と同時に、自社の常設店舗型ライブルームで行っている毎日のライブ配信、KOLと連携した定期的なライブ配信など、「中国版Tiktok」でのライブコマースノウハウを蓄積してきた。

インアゴーラの「中国版Tiktok」における売上高推移
インアゴーラの「中国版Tiktok」における売上高推移

一方、日本ブランドが「中国版Tiktok」で店舗を開設するには、商品紹介に適したKOLの選定や商品選定、動画やライブを用いた手法で訴求するといった他のECプラットフォームと異なるオペレーションが必要となる。

「中国版Tiktok」での販売ノウハウを持つインアゴーラは、自社の旗艦店による多数の日本商品の販売実績や知見を生かし、ブランド旗艦店の運営サポート事業を立ち上げることにした。

第1弾として、利尻昆布エキスを配合したヘアケアシリーズ商品を製造販売するピュールの「利尻昆布海外旗艦店」を開設した。取扱商品は、中国ですでに爆買い商品として認知されている「利尻ヘアカラートリートメント」など利尻カラーケアシリーズの計5SKU。

利尻昆布シリーズはアリババグループが運営する中国大手ECプラットフォームの「天猫国際(Tmall Global)」に旗艦店を出店しており、すでに中国では一定の認知度のあるブランドとなっている。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]