国内市場の縮小と新興国市場の台頭、グローバルな価格競争と生産コストの上昇、そして消費者ニーズの多様化と複雑化―消費財・流通企業を取り巻く経営環境は今、「新たな秩序」ともいうべき変革の時を迎えています。成功の鍵は、変化の兆しをいち早く捉え、機会とリスクの正しい理解に基づいて、時代に一歩先んずることにあります。

新日本有限責任監査法人(EY)は、英国ロンドンに食品、飲料、日用品、タバコの4つのサブセクターを擁するグローバル・コンシューマー・プロダクツ・センター(Global Consumer Products Center)を設置し、各国に在籍する専門家や業界の利害関係者から日々もたらされる最新情報や知見、ナレッジを幅広く収集・分析し、導き出されたインテリジェンスをグローバルでシェアしています。

日本においては、新日本有限責任監査法人をはじめとするEY Japanのメンバー・ファームに所属するアシュアランス、税務(EY税理士法人が税務サービスを提供)、トランザクション、アドバイザリーの専門家からなる消費財セクターに特化したチームが、グローバル・コンシューマー・プロダクツ・センターをはじめ、世界150カ国に広がるEYのグローバル・ネットワークと緊密に連携し、「新たな秩序」に立ち向かうクライアントの戦略的な意思決定と迅速な課題解決を支援しています。

この記事が役に立ったらシェア!

この著者の執筆した記事

アジア新興国市場での利益を創出する ─日本企業への提言

アジア新興国市場で利益を伴う成長を実現するために、企業がするべき8つの事柄

グローバルの高業績企業が利益を伴う高成長を実現するために、いかにして矛盾する数々の要素を両立させているかについて、8つのポイントを挙げて解説します。

アジア新興国市場での利益を創出する ─日本企業への提言

アジア新興国でプレゼンスを確立している企業が実行している3つの事柄

重要な成功要因である「アンメット・ニーズに応える」「権限移譲とモニタリングを徹底する」「多様な人材を活用する」という3つのポイントについて、日本企業の状況をふまえて成功への道筋を解説します。

アジア新興国市場での利益を創出する ─日本企業への提言

アジア新興国で日本企業が利益をあげるために押さえておくべき6つのポイント

日本企業に重要なのは、アジア展開を再定義し経営資源を効果的に活用すること。また、情報の不完全性を前提に意思決定を行うこと、柔軟なサプライチェーンを構築することが必要です。

アジア新興国市場での利益を創出する ─日本企業への提言

アジアで事業を展開する250社への調査でわかった新興国市場での課題と可能性

新興国経済の先行きへの懸念や新興国市場での競争の激化など、消費財企業・流通事業者が直面している現状について解説します。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵⑧ 統制の取れた戦略遂行を重視する企業文化を創造する

アジア新興国市場における人材と実行力の重要性の高まりは、アジアで業務遂行能力を発揮することが、今や企業全体の持続的な繁栄の絶対条件になっていることを意味します。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵⑦ 市場の成長段階に応じて柔軟に対応する

適していたはずのビジネスモデルや業務モデルでも、たちまち陳腐化します。流通を第三者への委託から自社販売へ切り替えるなど、現地市場の成長に合わせてアプローチを修正する能力が企業に求められます。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵⑥ 地理的区分のみにこだわらず、特徴を類型化しシナジーを生み出す

シナジーを最大化するためには市場を「クラスタリング」(類型化)することが必要です。重要性や共通の特性によってビジネスチャンスをグループ化し、ベストプラクティスを適用していく必要があります。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵⑤ 消費者優先と効率性の両立を図る

効率化は利益を伸ばす上で重要とされてきましたが、それ以上に優先すべきことは消費者への価値の提供。企業は製品をカスタマイズし、かつ迅速に適応する柔軟性を備えたサプライチェーンを構築することが必要です。
アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵④ さまざまな価格帯、流通チャネルへの参入で規模を拡大する

競争が激しい新興国市場においては、いくつもの市場にまたがるポートフォリオ・アプローチを採用し、特定のセグメントに働きかけることによって規模を創り出すアプローチに切り替えていく必要があります。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵③ 現在および将来の利益の源泉を細分化して把握する

アジア新興国市場では市場や流通チャネル、消費者セグメントが、地域ごとにかなり異なります。成長と利益創出を両立させる真の推進力は何なのかを、地域ごとの詳細なレベルで理解する必要があります。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵② 従来手法に固執せず、現地主義に徹する

多国籍企業は従来の考え方や事業モデルから脱却しなければ、現地化しても利益を生み出すことはできません。自社の製品や事業モデルを現地のニーズに合わせて調整し、再構築する作業が求められます。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵① 経営の現地化を通じて 機動力を高めるとともに規律を維持する

現地経営陣は、あらゆる意思決定が組織の戦略ビジョンの枠組みから離れないよう、常に注意を払わなければなりません。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場に立ちはだかる6つの矛盾

アジアの新興国で利益を伴う成長を持続させるためには、一見矛盾する6つの要素をうまく両立させていかなければなりません。各企業から寄せられた知見とあわせてご紹介します。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

2007年に消費財市場の15%を占めていたアジア新興国。2017年には25%を占める見込み

アジア新興国市場でのビジネスチャンスの大きさは魅力的です。成長が減速するとの懸念にもかかわらず、アジア新興国における成長率は世界の消費財市場の平均成長率を上回っており、この傾向は今後も続くと期待されます。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジアの新興国市場で勝ち抜くための8つのポイント

アジア新興国市場において利益を上げるために何をするべきか─。EYが2013年に行った消費財メーカー・小売業企業への調査を通して明らかになった事実と、分析に基づく視点を提供します。

消費から体験へ。オムニチャネル時代を生き抜くために

組織・業務、人材、情報セキュリティー。オム二チャネル時代の日本企業の課題とは?

モバイルテクノロジーの進化に反応し、急速に変化している消費者を捉えるためには、メーカーや小売企業も、新たな価値を提供することが不可欠だ。企業として、何をすれば良いのか。

消費から体験へ。オムニチャネル時代を生き抜くために

オムニチャネル時代に伸びている世界のメーカー・小売業者、2つの共通点

オムニチャネル元年と言われた2014年を経て、私たちはいま、どんな状況に置かれているのでしょうか。メーカー、小売業に何が求められているのかを考察します。

消費から体験へ。オムニチャネル時代を生き抜くために

オムニチャネルで成功するために押さえておくべき4つの消費トレンド

オムニチャネル元年と言われた2014年を経て、私たちはいま、どんな状況に置かれているのでしょうか。消費者の変化、メーカーの変化、小売業の変化を個別に考察します。

消費から体験へ。オムニチャネル時代を生き抜くために

「消費」から「体験」へ 。オムニチャネル時代を生き抜くために、知っておきたい消費市場の「いま」

デジタル・モバイル・テクノロジーの進化は、世界規模での消費市場の同期化やバリューチェーンそのものの変化をもたらしました。本レポートでは、このオムニチャネル時代でどんな企業が成功するのか、要因と課題について考察します。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム