Webマーケティング支援のブレインネットは「スマートフォン活用の実態調査」を実施し、6月25日に結果を公表した。それによると、スマホでネットショッピングを利用する際、「インターネットで検索する」ユーザーは50%以上にのぼることがわかった。

ネットショッピングを利用する際、「インターネットで検索する」と回答した人は55.2%。続いて多かったのが、「ショッピングアプリ」で27.2%だった。

「ブラウザのお気に入り」は13.3%。「ニュース/キュレーションアプリ」は4.0%、「SNSアプリ」は1.5%だった。

ブレインネットが実施した「スマートフォン活用の実態調査」①

また、インターネット検索とアプリの活用状況を調査。スマホで毎月インターネット検索するユーザーは70%以上で、そのうち約40%が1日5回以上検索している。

ブレインネットが実施した「スマートフォン活用の実態調査」②

ブレインネットは、「ユーザーが能動的に情報を取りたいとき、検索を超えるソリューションはまだありません。当然、スマートフォンユーザーへのマーケティングでも、検索ニーズに応えることは最重要課題の1つだと言えます」とまとめている。

また、「1週間以内にユーザーがインターネットでアクセスしているコンテンツと、記憶されたコンテンツ」について調べたところ、ユーザーは少なくとも1人あたり1週間で平均84.5個のコンテンツにアクセスしていることが判明。ただ、内容を覚えているのはわずか2.6個という結果が出ている。

ブレインネットが実施した「スマートフォン活用の実態調査」③

調査概要は次の通り。

  • 期間:2015年6月
  • 対象:20代以上の男女
  • 人数:324人
  • 方法:インターネットアンケート
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム