ECサイト総合支援の久は6月22日、「日本のECサイトの売上上位300社のサイト横幅トレンド」と題した調査結果を公表、それによると売れているECサイトのサイト幅は「990~1000px」が最も多く、約7割を占めることがわかった。

「売れているECサイトの幅」は「900~1000px」が69.4%。次いで「1000~1100px」が16.3%だった。

EC売上上位300社の全体で見てみると、900px以上が約93%で大部分を占めている状況にある。

久の「ECサイト最新トレンドレポート」①

EC売上上位300社のサイト幅トレンド(出典は久の調査資料

「売れているECサイトの幅」で最も多かった「900~1000px」を10pxごとに比較すると、「980~990px」が25.1%と最多。次いで「960~970px」が23.6%だった。久によると、「売れているサイトにおける最も主要なサイト幅は900px台後半、特に980pxから990pxが主流」としている。

久の「ECサイト最新トレンドレポート」②

10pxごとで調べたEC売上上位300社のサイト幅トレンド(出典は久の調査資料

久の「ECサイト最新トレンドレポート」③

商品カテゴリ別のEC売上上位300社のサイト幅トレンド(出典は久の調査資料

商品カテゴリ別に、サイトが固定かもしくはレスポンシブタイプなのかも調査。全体では、サイト幅が固定されているサイトが91.1%を占めるのに対し、ウィンドウサイズを広げてもそれに合わせてサイトが伸縮するレスポンシブタイプの割合は8.8%だった。上位300社のECサイトでは、PC・スマホサイトはそれぞれ個別に制作・運用されている状況がうかがえる。

レスポンシブサイトの占める割合を商品カテゴリ別で見てみると、少数ではあるが、電気製品・総合通販サイトなど商品数が多いカテゴリにレスポンシブタイプの割合が高い。一方、食品・日用品には導入されていないといった状況がわかっている。

久の「ECサイト最新トレンドレポート」

EC売上上位300社のレスポンシブ対応状況(出典は久の調査資料

九は「商品カテゴリや商品特性などによってユーザーの利用・購買行動に大きく差があり、売れてるECサイトにするためにはそれに沿った最適なサイト幅・タイプ(スマホ専用・レスポンシブ対応)を運用するこが重要」とまとめている。

調査概要は次の通り。

  • 調査期間:2015年3月
  • 調査対象:日本のECサイトの売上上位300社(月刊ネット販売が実施した2013年度売上高調査の上位300社を対象に調査)
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム