よろしければこちらもご覧ください

アマゾンは6月30日、キッチンやトイレ、ハウスクリーニングなどのリフォーム工事を取り扱う「リフォームストア」を開設した。リフォームには従来、条件に応じた工事費などの見積もりが必要だが、アマゾンでは商品に工事費を含めた価格で設定。購入しやすい環境を整えた。

キッチン、トイレ、風呂場といったリフォーム商材は近年、テレビ通販が積極的に扱うなど通販ニーズが増えている商材。アマゾンも取り扱いを始めることで、流通額拡大につなげていく。

開始時には、積水ハウスグループ、大和ハウスリフォーム、ダスキンの3社が商品を提供する。積水ハウスグループ、大和ハウスリフォームがネットで受注を始めるのは初めて。ダスキンでは従来から自社のサイトで受注を行ってきたが、今回のようにパッケージで展開するのは初めてとなる。

リフォームストア

積水ハウスは過去の施行実績のデータを活用することで、工事費を含めた「定額パッケージリフォーム」を191品目用意。あわせて、滋賀県栗東市に「リフォーム研究所」を2015年3月に開設して人材育成も強化。実際にリフォームを行う際、購入者への対応といった品質を高めることで、悪いユーザーレビューが付かないようにした。

積水ハウスの阿部俊則社長は会見で「リフォームは満足度の高いサービスのため、一度行うとリピートするお客さまが多い。簡単にネットで注文できるようにして、将来的な大規模リフォームなどにつなげていきたい」と、ネット販売を開始した狙いを語った。

大和ハウスでは、まずはネットでどれだけ受注があるかを見極める。キッチン、ユニットバス、洗面所、トイレなどニーズが見込めるリフォーム商材を中心に展開。また、インスペクション(建物診断)も商品として出品し、ニーズを探っていく。

ダスキンはハウスクリーニングを定額で提供するほか、ハウスクリーニングのギフトカードを販売。母の日などのギフト需要を開拓していく。

住宅設備のEC市場は拡大しており、多くの事業者が参入を始めている。ただ、従来は設備の販売店がメインで、ハウスメーカーのネット通販対応は進んでいなかった。今回、アマゾンがこうしたハウスメーカーに働きかけることで販売体制を構築。今後、ハウスメーカーのEC参入が進んでいきそうだ。

左からアマゾンジャパン・ジャスパー・チャン社長、大和ハウスリフォーム・杉浦純一社長、
積水ハウス・阿部俊則社長、ダスキン・山村輝治社長
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム