国内BtoCのEC市場が20兆円を超えるのは2019年度――野村総合研究所はこのような市場成長の予測を11月25日に発表した。

国内のBtoCのEC市場は2014年度の12兆6000億円から2021年度には倍増。25兆6000億円に達する見込み。携帯端末の普及に伴い、時間や場所を問わずにECを利用できるようになったことが市場成長を後押しするとしている。

2015年度の国内BtoCのEC市場規模予測は13兆8000億円。伸び率は2014年度比9.5%増。

野村総合研究所によると、ネット通販が20兆円市場に拡大するのは2019年度。ネット広告市場は2016年度に1兆円超え

国内B2C EC市場規模予測(出典は野村総合研究所の調査

野村総合研究所が今後のEC市場の成長に関するポイントとして次のようなことをあげている。

  • スマートフォンからのEC利用の増加に伴い、BtoC EC市場の規模は2021年度に25兆円に達する
  • 購買経路がパソコンからスマートフォンへ急速に移行しており、ECサイトのスマホ対応は必須
  • 2020年のオリンピック・パラリンピック以降も、EC市場の成長はすぐには衰えない
  • オムニチャネルの整備により、既存小売業とEC企業との連携が進む

インターネット広告向け市場も右肩上がりに拡大。2016年度に1兆円を突破し、2021年度には1超2893億円に増加すると予測している。

パソコン向けの広告は大きな伸びは期待できないモノの、スマホ向けが拡大する見通し。2020年度にスマホ向けがパソコン向けを逆転。インターネット広告市場におけるスマホ向けの市場規模は6287億円になるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム