日本通運はアリババグループと業務提携し、越境ECサイト「T-MALL国際(天猫国際)」出店者への物流サービスの提供を本格的に開始すると8月2日に発表した。日本郵便の国際スピード郵便(EMS)よりも安い価格でサービスを提供、越境ECの促進につなげる。

現在、中国への商品発送はEMSが主流となっている。6月に値上げし、利用の多い500グラム以下で1400円となっている。

日通は、アリババの通販サイトで購入された商品を1000円程度で中国に発送するサービスを始めることで、EMSに対抗する。中国向け通販の商品輸送で5割のシェアをめざす。

情報システム面ではアリババと連携し、中国での通関手続きを円滑・低コストで進めるようにする。

中国政府は4月に越境ECの通関制度を改正し、商品の内容や販売額、物流などの情報を電子データで提出するように要求している。アリババとの情報システムの連携で、税関当局に一括して必要なデータを送信できるようにする。

中国向け越境EC物流ではヤマトホールディングスが4月に京東商城(JD.com)などと提携、消費者への配送まで一括して受託するサービスを開始している参考記事。ANAホールディングスも通関支援から輸送まで請け負う事業を9月に開始する予定参考記事。中国向け越境EC物流の選択肢の幅が広がり始めている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム