ANAホールディングスは7月25日、越境EC向けショッピングカートなどのACDに出資し、中国向け越境ECの物流ソリュ-ション「新越境EC物流サービス」を9月から開始すると発表した。

中国の新しい越境EC制度に対応した事前通関型物流サービスを展開。ANAグループの一貫輸送を行い、中国の消費者まで確実に商品を届ける。

中国では2016年4月から、税関当局によって新たな通関申告制度が導入され参考記事)、商品が通関で止まってしまうケースが増えている。この新制度では、電子データ交換(EDI)による通関業務を認められる企業が数社指定されており、ANAグループの物流会社であるOCSの中国現地法人が指定企業のうちの1社となっている。

こうした状況を生かし、事前通関用商品登録システム「EKKYO.NET」を開発。通関用に商品を事前登録することで、日本から中国向けのBtoC直送物流のスピード化などを実現する。

ANAグル-プが展開する安全で確実な高速一貫輸送を組み合わせ、中国の消費者に確実に商品を届ける。

また、越境ECプラットフォーム「マルチリンガルカート」を運営するACDが培ってきたノウハウを加えることで、越境ECのノウハウも注入する。

まずはACDの既存顧客や国内大手家電量販店などの越境EC事業者に向けサービスを提供し、将来的には越境ECモールの運営なども検討する。

「新越境EC物流サービス」の特徴
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム