現在地

tweet4はてなブックマークに追加

日本空港ビルデングは11月11日、中国向け越境ECサイト「Kaola.com」に直営オンラインショップ「羽田空港海外旗艦店」を出店した。食品や雑貨などの日本製品を中国の消費者に販売する。

訪日中国人旅行客が増加する中、帰国後に日本製品を気軽に購入できる環境を提供していく。

新規出店にあたり、中国への商品の輸出に実績がある「大河実業株式会社」や、中国に保税倉庫を持ちサイト運営も手がける「優貝国際貿易公司」と組んだ。

日本空港ビルデングは11月11日、中国向け越境ECサイト「Kaola.com」に直営オンラインショップ「羽田空港海外旗艦店」を出店

「Kaola.com」に開設した「羽田空港海外旗艦店」

「Kaola.com」はインターネット企業大手のネットイースグループが運営する中国向け越境ECサイト。2017年10月にはドラッグストア大手のキリン堂が出店した。

中国越境ECに関する調査データ「iiMedia Research」についてエフカフェ・高岡正人氏が『ネットショップ担当者フォーラム』で解説した記事によると、「Kaola.com」は2017年上半期における中国越境ECモールのシェア1位とされている。

同調査によると、中国越境ECモールのシェアは「Kaola.com」(24%)、「Tmall Global」(20%)「global.vip.com」(16%)、「JD Worldwide」(13%)、「ymatou」(6%)。

網易考拉海購(Kaola.com)……24%
天猫国際(Tmall Global)……20%
唯品国際(global.vip.com)……16%
京東全球購(JD Worldwide)……13%
ymatou……6%
小紅書(RED)……5%
蜜芽(mia)……3%
図2 中国越境ECモールのシェア(2017年上半期)
網易考拉海購(Kaola.com)……24%
天猫国際(Tmall Global)……20%
唯品国際(global.vip.com)……16%
京東全球購(JD Worldwide)……13%
洋码头(ymatou……6%
小紅書(RED)……5%
蜜芽(mia)……3%

また、同調査では中国の越境EC利用者は2017年が5800万人、2018年は7400万人に達すると推計している。

経済産業省が今年4月に発表した「電子商取引に関する市場調査」によると、日本から中国への越境ECの市場規模は2016年時点で1兆366億円。2020年には1兆9053億円に拡大すると予測されている。

各国越境EC市場規模推計 経済産業省が4月24日に発表した「電子商取引に関する市場調査」によると、日本から米国と中国向けにネット販売する越境ECの市場規模は、2020年に合計2兆9761億円となる見通し

各国越境EC市場規模推計(赤枠が日本から米国・中国への販売額)

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!