現在地

「通販エキスパート検定」の問題から、毎回1問ずつ出題します。今回のテーマは「CPO」。あなたは正解できるでしょうか?

[問 題] 
媒体効率と利益計算について、次の中から正しいものを1つ選んでください。

媒体効率と利益計算について、正しいものを1つ選んでください。

CPOの算出方法は「売上高 ÷ 受注件数」である。

プロモーションの成否は1回目の施策でCPOを算出し、継続するかどうかを決めるべきである。

プロモーション費用には媒体制作料も含まれる。

 

正解は③。「プロモーション費用には媒体制作料も含まれる」は、正しい。

 

新聞広告や折り込みチラシ、ダイレクトメール、番組枠を購入したテレビ通販など、各種媒体でプロモーションを行う場合、受注1件あたりにかかるコストをCPO(Cost per Order)と言う

算出方法は プロモーション費用 ÷ 受注件数 で、CPOの金額が利益に直結する。通販企業にとっては、いかにCPOを低く抑えるかが大きな課題となる。

プロモーション費用の中には

  • 広告出稿費用
  • 媒体制作費用
  • 印刷費用
  • サンプル費用
  • 送付費用

などが含まれ、これら必要な費用の合計を、受注件数で割って算出する。

CPO(Cost per Order)
プロモーション費用(広告出稿費用、媒体制作費用、印刷費用、サンプル費用、送付費用 ……etc.)
受注件数

CPOを低くするためには、

  • 受注件数を上げるように、広告クリエイティブなどを工夫する
  • 媒体コストが安い地方紙や地方局を活用する

など、各費用を抑えるための努力が不可欠。

ただし、CPOは必ずしも初回のプロモーションだけで効率を論じるべきではない

特に化粧品や健康食品など、いわゆる継続商品は、顧客が複数回購入してくれることにより、CPOのカーブは次第に下がっていくことが多い

1回や2回のプロモーションで短期的に結論を出すのではなく、ある程度長い目で見ることが必要と言える。

 

第10回「通販エキスパート検定」のご案内

  • 実施期間:2018年4月1日(日)~4月30日(月)
  • 申し込み締め切り:2018年4月27日(金)
  • 会 場:全国約200か所のWeb試験会場
  • 料 金:3級は6,000円、2級:7,800円、1級:10,000円
    ※1社から10人以上が受験する場合は団体割引あり
  • 主 催:一般社団法人通販エキスパート協会
  • 詳細・申し込み: http://tsuhan-exa.org/kentei

 

─「通販エキスパート検定」とは?─

「通販エキスパート検定」とは、ダイレクトマーケティングのスペシャリストを目指すための資格です。業務知識、関連法規、マネージメント力などが身に付き、多くのEC企業で人材教育の一環として活用されています。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社