アマゾンは8月21日、「Amazonポイント」の決済機能を拡張し、出品者の商品購入にもポイント利用を可能にした。従来、ポイントはアマゾンが販売する商品しか利用できなかった。今後、ポイント獲得もしやすくするなどして、ポイントの流通を活発化し、顧客の囲い込みにつなげていく。

アマゾンでは従来、消費者は貯めたポイントを全て利用するかしないかのどちらかしか選べなかった。決済機能の拡張で、ユーザーは利用できるポイント数を自由に設定することができるようになった。

ログインした状態でアマゾンンのTOPページや商品ページを見ると、ユーザーの保有するポイント数が常時表示される変更も行った。

担当編集者のコメント: 

アマゾンはほかのモールに比べて、ポイントの活用があまり行われていない。ただ、徐々にポイントの利用範囲を広げており、今後、他のモールと同様、ポイントの活用が進む可能性がある。

特に、アマゾンでは出品者の販促が行いにくい状況にある。出品者によるポイント付与キャンペーンなどができるようになれば、多くの出品者が利用し、販促に活用する可能性がある。今後、アマゾンのポイントにも注目していきたい。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム