公益社団法人日本通信販売協会(JADMA)が8月26日に公表した「2013年度通販市場売上高調査」の速報値によると、2013年度(2013年4月~2014年3月)の通販市場の売上高は前年度比8.3%増の5兆8600億円となった。成長要因として楽天などの通販・ECモールが市場拡大のけん引役となっていることや、ECへの新規参入企業が増えていることなどを挙げた。

金額ベースでは同4500億円の増加で、過去最高。伸び率は前年度結果(6.3%)を2ポイントを上回り、高い成長率を維持した。通販市場は15年連続で増加傾向にあり、直近10年の平均成長率は7.7%。

「2013年度通販市場売上高調査」

「2013年度通販市場売上高調査」

成長要因は、楽天やアマゾンなどの大手企業が市場をけん引。店舗系のネット通販の伸長やサービス系のEC企業の参入による裾野の拡大を挙げている。まシニア市場拡大に伴うメーカー通販、宅配事業者の堅調な伸びも要因という。

通販市場の売上高は、JADMA会員情報に加えて、会員492社(調査時点)を対象に実施した「第32回通信販売企業実態調査」から得た回答の売上部分を先行集計した。各種調査から推計できる有力非会員約285社の売上高を加えて算出した。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム