ショッピングモール「Qoo10」を運営するジオシス合同会社は9月12日、東日本電信電話(NTT東日本)と西日本電信電話(NTT西日本)が提供するキャリア決済サービス「フレッツ・まとめて支払い」を導入した。ショッピングモールが同決済方法を導入するのは初めてのこと。

「フレッツ・まとめて支払い」の利用対象回線は1800万契約。決済には回線認証機能によるユーザー認証が必要で、第三者による自宅以外からの不正利用を防ぐことができる。

同決済を利用するユーザーは、初回にフレッツ光ユーザー専用ページで「フレッツ・パスポートID」と「パスワード」を登録。商品購入時に「フレッツ・パスポートID」と「パスワード」を入力すると利用できる。

強固なセキュリティという回線認証機能によるユーザー認証が必要なため、仮にフレッツ・パスポート ID とパスワードが流出しても、第三者による自宅以外からの不正利用を防ぐことができるとしている。

ネット通販のクレジットカード利用に「セキュリティ面で抵抗がある」というユーザーの利用を見込む。

「フレッツ・まとめて支払い」は通販・ECサイト単体で導入しているケースはあるが、ECモールが組み入れるのは初めてという。

ジオシス合同会社はジオシスグループの日本法人。同グループはeBayとのジョイントベンチャーで、中国、マレーシア、インドネシアなどで事業を展開している。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム