よろしければこちらもご覧ください

アウンコンサルティングはこのほど、訪日客数の多い国と地域である中国、台湾、香港、韓国、タイ、アメリカの消費者に対して日本製品などに関するアンケート調査を実施した。

新型コロナウイルス感染症の流行前と変わらずECサイトを通して日本の商品を買っているかなどを聞いたところ、中国およびアメリカの顧客は「買っている」が40%を超えた。

「買っている(頻度が増えた)」では中国・台湾・韓国で増加、タイでは22.7%と最も多い。

新型コロナウイルス感染症の流行前と変わらずECサイトで日本の商品を買っているか?
新型コロナウイルス感染症の流行前と変わらずECサイトで日本の商品を買っているか?

今回調査では、「今まで買ったことのある日本製品を教えて下さい」という質問を追加。全体的に家電や日用品の回答率が高く、特にアメリカでは家電が49.9%と半数近くの回答率となった。

    今まで買ったことのある日本製品について
    今まで買ったことのある日本製品について

    「通販で買えるようにしてほしい」日本製品を聞いた(自由回答)ところ、次のような結果となった。

    • 中国:スキンケア商品、薬用化粧品
    • 台湾:酒類、衣類、書籍
    • 香港:衣類、書籍
    • 韓国:書籍、漫画
    • タイ:エアコン
    • アメリカ:ゲーム用品

    アフターコロナに向けたプロモーションについて、観光業を含むインバウンド業界の企業は現在、海外需要よりも国内需要に重点を置いている。海外向けのプロモーションは当面の間、販促施策よりも認知施策(収束後の需要喚起または態度変容を狙う目的)の準備を行う必要があるとしている。

    調査概要

    • 対象の国と地域:中国、台湾、香港、韓国、タイ、アメリカ
    • 調査期間:2021年6月1日~2021年7月25日
    • 対象:対象の国と地域の各200人以上、18歳以上の男女
    この記事が役に立ったらシェア!
    よろしければこちらもご覧ください

    ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

    [ゴールドスポンサー]
    ecbeing.
    [スポンサー]