本記事では、「商品を登録すればGoogleマップの順位は上がるのか?」について解説します。

商品を登録すればGoogleマップの順位は上がる?

「商品を登録すればGoogleマップの順位は上がるのか?」について、基本的には「上がりやすくなる」といえます。

実際に先日、Googleが発表している「Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法」に「店舗の商品を追加する」という項目が追加されており、Googleも商品登録の順位への影響を認めた形になります。

たとえばアパレルの場合、「ジーンズ」や「シャツ」といった商品を登録しておくと、ユーザーがそれらの語句で検索した際にヒットする可能性が高まります。

「全体の検索順位が上がる」というよりは、「引っかかる検索語句が多くなる」というイメージです。

ただし「絶対に上がる」わけではない

ただし、Googleは検索したユーザーと店舗の間の距離や、店舗の知名度、検索語句との関連性、営業時間などさまざまな要因を考慮したうえで順位を決定しており、「商品を登録すれば絶対に順位が向上する」というわけではありません(これは他のどの要素においても共通です)。

また、商品の入れ替わりが激しい、在庫の有無が安定しないといった場合、商品情報の更新が店舗の負担になる可能性もあるため、そういった面も考慮した上で取り組むとよいでしょう。

商品登録の方法

Google検索経由の管理画面から商品を登録する方法は以下の通りです。

  1. ビジネス プロフィールを管理しているアカウントにログインする。
  2. Googleでお店やサービスの名前を検索する。(「マイビジネス」で検索することも可能)
  3. 「プロフィールを表示」を選択する
  4. 「プロフィールを編集」から「商品」を選択する
  5. 「商品を追加」を選択し、 商品リストから商品の情報を入力する

Googleビジネスプロフィールマネージャの場合は、ログイン後、「商品」という項目をクリックして編集できます。

なお商品の表示順は、最近編集した商品と商品カテゴリが商品リストの先頭に表示されるようになっています。

追加または編集した商品が表示されない場合は、数分間待ってからページを更新してください。

<参照>

 

この記事を書いた「口コミラボ」さんについて

「口コミラボ」は、様々な地図アプリ・口コミサイトの監視、運用、分析を一括管理できる店舗向けDXソリューション「口コミコム」が運営する店舗ビジネス向け総合メディアです。近年、企業の評判管理が重要視されるなか、特に注視すべきGoogleマイビジネスを活用したローカルSEO(MEO)や口コミマーケティング、それらを活用した集客事例から、マーケティング全般、店舗経営のハウツー、業界動向データにいたるまで幅広い情報を紹介します。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

口コミラボ

口コミラボは、店舗向けDXソリューション「口コミコム」が運営する店舗ビジネス向け総合メディアです。

「口コミコム」は、Googleマップなどの地図アプリ・口コミサイトの店舗情報をすべて一括管理でき、NFCチップを搭載した店舗用ステッカーでアンケート・口コミ投稿をデジタルに促進する、店舗のレピュテーションマネジメントSaaSです。促進した口コミ・アンケートを集計しAIを使って分析することで問題点を可視化、業務改善を促します。さらに営業時間の変更など店舗情報の一括更新・自動更新機能も搭載。コロナで刻々と状況が変化する中で手間となる、Web上の店舗情報管理をDXします。

Googleマップなどの地図アプリ・口コミサイトの店舗情報をすべて一括管理でき、NFCチップを搭載した店舗用ステッカーでアンケート・口コミ投稿をデジタルに促進する、店舗のレピュテーションマネジメントSaaSです。促進した口コミ・アンケートを集計しAIを使って分析することで問題点を可視化、業務改善を促します。さらに営業時間の変更など店舗情報の一括更新・自動更新機能も搭載。コロナで刻々と状況が変化する中で手間となる、Web上の店舗情報管理をDXします。

記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]