西友

大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天の国内EC流通総額は約4.5兆円で、伸び率は約20%増【2020年度の実績まとめ】

「楽天市場」単体では流通総額が3兆円を突破しているという。新規購入者、1年以上「楽天市場」を使っていなかったユーザーの復活購入、加えて、1人あたりの月間購入額の増加、ユーザーの定着率(リピート購入)などが成長要因
瀧川 正実2021/2/16 11:0024131

楽天と西友のネットスーパー事業が本格スタート、「ワンデリバリー構想」への影響は?

ラストワンマイルは「店舗型」、センターから配送拠点経由で商品を送る「デポ型」を活用する
瀧川 正実2018/10/29 10:3025101

楽天、ウォルマートとの提携を発表。西友とネットスーパー事業を共同運営へ

楽天が手がけるネットスーパー事業「楽天マート」は今後、西友と共同運営するネットスーパー事業に「統合していく」(三木谷浩史社長)
瀧川 正実2018/1/26 10:45109625

「日本を代表するOMOリテーラーに」。楽天グループと西友の新たな協業体制とは

「楽天ポイント」を軸にしたOMOで、新規顧客層の獲得、既存顧客の活性化を図り、西友を日本を代表するOMOリテーラーにすることをめざすとしている
瀧川 正実3/16 9:00131

西友を日本を代表するOMOリテーラーに。楽天らがウォルマートから株式取得で小売りのデジタル化を加速

ウォルマートが保有する西友の株式について、KKRが65%、楽天が新たに設立する子会社「楽天DXソリューション(仮)」を通じて20%を取得することで合意、契約を提携した
石居 岳2020/11/17 10:00620

楽天と西友のタッグが始動、「楽天ダイレクト」で西友のPBを販売

「爽快ドラッグ本店」「ケンコーコム楽天市場店」などで、西友のPB商品約380品目を販売
渡部 和章2018/4/24 6:0026100

低価格で食品・日用品を強化する西友、価格プログラム刷新し約500品目を平均7%値下げ

原料価格や物流費の高騰による食品の値上げ、天候不順による野菜の値上げが続く中、ネットスーパーと店舗で約3000品目の食品・日用品の価格を3か月間据え置く
渡部 和章2018/2/23 9:00431

「SEIYUドットコム」で「ご当地食品」の販売を開始、第1弾は名古屋

近所のスーパーで手に入れにくい商材を扱い、新たなニーズを喚起する
中川 昌俊2016/2/23 10:00460

西友、ネットスーパーで注文した商品をロッカーや店頭で受け取れるサービスを開始

働く女性に受け取りやすい環境を提供
中川 昌俊2015/9/24 8:00650

「auショッピングモール」への出店を開始、西友

「auかんたん決済」で支払うとWALLETポイントが2倍になる
中川 昌俊2015/4/17 10:00490

西友が店頭受け取りサービス「うけとロッカー」をECサイト「SEIYUドットコム」に導入へ

長野県松本市の西友元町店で展開し、結果を踏まえ、2015年中に「うけとロッカー」の本格展開を計画
瀧川 正実2015/3/5 16:3034111

チラシアプリからECサイトへの送客を開始、DeNA

第1弾として、共同展開している「SEIYU ドットコム」と連携した
中川 昌俊2014/11/4 17:001450
通販新聞ダイジェスト

女性が活躍する企業から商品を応募、選定商品は西友の通販・ECサイトで販売へ

女性ならではの視点で開発された点や、主婦が自分の判断で買える価格帯などをポイントに商品を選定する
通販新聞2014/9/25 7:30050

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]