瀧川 正実[執筆] 7/27 10:00

アマゾンジャパン7月27日、配送拠点のデリバリーステーションを全国18か所に開設すると発表した。青森県、岩手県、秋田県、埼玉県、東京都、神奈川県、長野県、愛知県、香川県、愛媛県、高知県、徳島県、熊本県、沖縄県にデリバリーステーションを2022年内に設置。当日配送、翌日配送、「置き配指定サービス」を拡充する。

アマゾンジャパン7月27日、配送拠点のデリバリーステーションを全国18か所に開設すると発表

「北は青森、南は沖縄まで、700万点以上の商品を翌日にお届けすることが可能になった」(アマゾンロジスティクス ディレクターのアヴァニシュ ナライン シング氏)。また、青森県、岩手県、秋田県、長野県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、熊本県、沖縄県でも「置き配指定サービス」を提供する。

デリバリーステーションは、注文を受けた商品を全国のフルフィルメントセンターなどから集約し、周辺地域の消費者の玄関先まで届けするラスト・マイル・デリバリーの起点となる場所。18拠点の新設で、日本国内は45拠点以上のデリバリーステーションを展開することになる。

新たに設置するデリバリーステーション

また、一部地域では正午12時までの注文商品を、同日午後10時までに届けることが可能になった。東京都のプライム会員は、当日中の受取時間を2つの時間帯(16~20時または18~22時)で選択できる。東京、神奈川、大阪、京都、福岡、宮城、福島、埼玉、千葉、神奈川、愛知などの地域では、「お急ぎ便」「お届け日時指定便」の利用も可能。

デリバリーステーションの新設で、「5000人以上に多様な働く機会を創出し、『Amazon Flex』(個人と直接契約する配送委託制度)の配送ドライバーとして数千人へ柔軟に働く機会を創出する予定」(アマゾンジャパン)としている。
 

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]