現在地

アマゾンジャパン

PR

あのECサイトはなぜ儲かっている? 人気繁盛店「ozie」の社長が解説する「売れるショップの共通点」

売上を伸ばしたいけど「何をすればいいのかわからない」……こんなことに悩んでいませんか? 重要なのは「買いやすいサイト」作り。そのためにはどんなことをやればいいのでしょうか?

アマゾンの「Amazon Alexa」は音声ショッピングもできる。EC企業が知っておきたいこと

Amazonの音声認識機能「Amazon Alexa」と人工知能搭載スピーカー「Amazon Echo」はECにどう影響する? 米国での状況などを踏まえ、ネット通販事業者が押さえておきべきポイントなどをまとめました。

通販新聞ダイジェスト

【2017年版】EC売上高ランキングまとめ――1位Amazon、2位ヨドバシ、3位スタートトゥデイ

「月刊ネット販売」の調査によると、2016年度のネット販売実施企業上位300社の合計売上高は3兆6322億円。前年調査の3兆2522億円に比べて11.7%拡大しました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【Amazonプライムデー】全米5300万人が利用、プライム会員の5割が買い物をした日

インターネットリテイラー社の調査によると、2017年の「Amazonプライムデー」では、全米の約21.8%のEC利用者が利用。2016年の調査結果(19.4%)から、2.4ポイント上昇しています。

単発記事

アマゾンが「Amazonフレッシュ」を開始、最短4時間で生鮮食品を届ける仕組みを解説

アマゾンジャパンが生鮮食品などを注文から最短4時間で配送する「Amazon フレッシュ(アマゾンフレッシュ)」をスタート。そのサービス内容や仕組みなどを解説。

通販新聞ダイジェスト

「プライムナウ」の裏側に潜入。アマゾンが仕掛ける1時間以内の配送サービスに迫る

アマゾンジャパンが11月19日から始めた、受注から1時間以内に日用品などを配達するスピード配送サービス「プライムナウ」。サービス提供の実態、“EC即配”を巡る状況を解説

単発記事

5分でわかる! 「マーケットプレイス」などアマゾンを賢く活用するサービス7選

アマゾンジャパンが、外部企業が出店できる「Amazonマーケットプレイス」の強化を進めています。「Amazon」を賢く活用するためのEC支援サービス7つをまとめてみました。

アマゾン、小型・低単価商品を安価に配送する「FBA小型・軽量商品プログラム」開始

アマゾンジャパンはこのほど、物流代行サービス「Fulfillment By Amazon(FBA)」の新メニューとして、小型で軽い低単価商品を対象とした「FBA小型・軽量商品プログラム」を開始した。

Amazonプライムデーの配送対応は「数か月前から準備」、アマゾンジャパン社長が言及

アマゾンジャパンは7月10日、Amazonプライム会員向けのセール企画「プライムデー」の開催を前に記者会見を実施。ジャスパー・チャン社長は「プライムデー」の事前準備について事前準備を進めてきたことを強調した。

Amazonがプライム会員向けセール「プライムデー」にあわせポップアップストアを開設

アマゾンジャパンは7月10日にスタートするAmazonプライム会員向けのセール企画「プライムデー」にあわせて、「Amazonプライム ポップアップストア」を東京・六本木にオープンする。

小田原FCで地元高校生に職業体験プログラムを実施、アマゾン

アマゾンジャパンは7月24日、神奈川県立小田原総合ビジネス高等学校1年生の生徒10名を対象にした1日職業体験プログラム「ジョブシャドウ」を、アマゾン小田原フルフィルメントセンター(小田原 FC)で実施した。

通販新聞ダイジェスト

アマゾンの事業開発部長に聞く「Amazonログイン&ペイメント」。手数料は業界水準

通販・EC事業者が注目を集めている「Amazonログイン&ペイメント」の現状や導入のメリット、今後についてアマゾンジャパンの井野川拓也事業開発部長に聞いた。

通販新聞ダイジェスト

中古書籍の買い取り始めたアマゾンジャパン。専門業者との連携から自社へ切り替え

アマゾンジャパンは6月3日から、中古書籍を買い取る「Amazon本買取サービス」を始めた。これまでの中古品の買い取りサービスとの大きな違いは、はじめから買い取りを“アマゾン自身”が行う。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!