通販・ECサイトを無料で開設・運営できる「BASE(ベイス)」を提供するBASEは2月25日、海外向けECを実現する機能「海外対応 Apps」を追加した。ブラウザの表示を英語設定しているユーザーに、自動で英語変換したECサイトを表示。日本円のほか、最大34の通貨に対応した価格を表示できるようにした。

「海外対応 Apps」は、ブラウザやスマートフォンの表示を英語設定しているユーザーに対し、言語を英語に自動変換したECサイトを表示する機能などを搭載。インストールするだけで自動対応できる。

通貨は34通貨に対応。店舗側が設定した通貨を表示する形式で、そのなかから購入者が選択する仕組みを採用している。決済は円建て。

「海外対応 Apps」は、プラグインプラットフォーム(拡張機能)である「BASE Apps」から利用できる。

BASEが海外対応した「海外対応 Apps」

BASEは「海外向けに商品の販売を強化したい農家や伝統工芸を取り扱っているショップの支援に貢献できればと考えている」と言う。今後も日本の作品・商品を販売するツールを拡充していく予定。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム