ヤマト運輸は2月23日、廃止が決定している「クロネコメール便」の代替サービスのうち、「クロネコDM便」のサービス内容を発表した。送料の上限価格は税込164円。ヤマト運輸は「クロネコDM便」のほか、4月1日から個人でも利用できる、①小さな荷物を専用BOXで送る新しいサービス②薄くて小さな荷物をポストに届ける新しいサービス――の2種類を新たに開始すると発表しているが、具体的な内容は発表していない。

「クロネコDM便」は、利用者をヤマト運輸と契約した法人や各種団体、個人事業主に限定したDM投函サービス。契約のない個人の利用を防ぐため、コンビニなどでは取り扱わない。セールスドライバー(SD)による集荷または同社直営店からの発送に限定する。

荷主は内容物の種類を申告し、担当SDや営業担当者が取り扱い可能な「非信書」であるかを確認。ヤマト運輸で判断できない場合は、所管官庁の担当窓口に問い合わせて確認するという。

クロネコDM便の取り扱い方法

発送できる荷物は、カタログ・パンフレットといった販促物。納品書などの信書は取り扱えないため、通販の荷物は対象外。大きさは3辺合計60センチメートル、厚さ2センチメートル、重さ1キログラムまで。

送料は、従来のメール便と上限金額は同じ税込164円。顧客企業と相対で交渉する。追跡サービスは利用できるが、紛失時など商品の補償は付かない。このほか、内容物の印刷、封入・封かんなど、各種オプションサービスを用意する。

クロネコDM便の特徴
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム