ファンケルは7月10日から、「手元のピント調節機能」を助けるという機能性表示食品「えんきん」のテレビCMを始める。CMには俳優の村田雄浩さんを起用し、スポットを中心で全国で放映。「えんきん」の特徴という「手元のピント調節機能を助ける」「臨床試験済み」であることを訴える。

「機能性表示食品制度」は、農林水産物を含め、事業者が自ら科学的根拠を評価し、事前に届出をすることで、食品の機能性を表示できるようになるもの。4月1日から制度運用が始まった。

健康食品など食品を扱う通販・EC事業者にとって新たなビジネスチャンスになると期待されている。

日本初という「機能性表示食品」のテレビCMを打つファンケル

日本初という「機能性表示食品」のテレビCMの一部

ファンケルが6月19にから通販などでの販売を始めた「えんきん」は、目のサプリメントとしては日本初という「機能性表示食品」。

テレビCMの全国放送で、販売拡大につなげる。なお、ファンケルによると、サプリメント計上の機能性表示食品のテレビCMは日本初という。

放映は7月26日まで。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]