プロボクシングのデビュー戦に臨んだベリトランス社員の居山さん

デビュー戦に臨んだベリトランス社員の居山さん(写真左)

決済などECインフラ支援サービスなどを提供するベリトランスで、海外消費者向けに商品を販売できるサービス「BuySmartJapan」といった業務を担当する居山正義さんが7月29日、後楽園ホールで行われたプロボクシングのデビュー戦に臨んだ。結果は惜しくも1-2の判定負け。試合後、ベリトランスの同僚など応援に駆けつけた友人らからは、惜しみない拍手が送られた。

居山さんは2008年にベリトランスへ入社。ベリトランスが運営する「BuySmartJapan」、日系企業の中国向けマーケティング、進出支援などに従事している。現在の肩書きは事業開発部マネージャ―。

「勝っても負けても(プロボクサー生活は)この試合で最後」という覚悟で臨んだプロデビュー戦。階級はライト級で、対戦相手は同じくデビュー戦の五十嵐康次選手。

1ラウンド中盤までは的確に左ジャブを当ていた居山さんは、五十嵐選手のフックを顎にもらいダウン。その後攻め込まれたものの、プロ生活初の1ラウンド3分間を乗り切った。

2ラウンド以降、手数で攻める五十嵐選手に対し、居山さんは左ジャブ、右ストレートを的確にヒット。ダウンの影響は見せず、五十嵐さんをぐらつかせる場面もあった。

一進一退の攻防は4ラウンドまで続き、終了のゴング。結果は2-1(38-37、37-36、39-36)で五十嵐選手に軍配が上がった。

居山選手はリング上で悔しさを表わしたものの、最後はリング上から観客席に向かって「ありがとうございました」と大きな声で一礼。すがすがしい表情でリングを降りた。

試合終了後、周囲にあいさつをするベリトランス社員の居山さん

試合後に周囲に一礼するベリトランス社員の居山さん

今後、居山さんがボクシングを続けるかどうかは不明だが、ベリトランスでECに関する業務は続ける。

直近では8月19日、独立行政法人中小企業基盤整備機構が開く「越境EC“まるごと”フェスティバル2015」に登壇。「越境ECで利用される決済手段と越境ECで売れる商品の5つの特徴」と題した講演を行う。

ちなみに、通販業界では、テレビ通販大手オークローンマーケティングのハリー・A・ヒル社長が、2012年に名古屋市内で開かれた総合格闘技の大会に出場したことがある。

担当編集者のコメント: 

この記事を見て、「なぜネットショップ担当者フォーラムにボクシングの記事が?」と思った読者の方は多いでしょう。

ネットショップ担当者フォーラムは、ECに携わる“人”“こと”“もの”にフォーカスするメディアであり、ECサイト運営の経営者・担当者の課題を解決する“場”の提供が目的です。

近年、仕事と生活の調和であるワークライフバランスが、声高に叫ばれるようになりました。「労働集約型」と指摘されるEC業界ですので、遅くまで残業という人は少なくありません。しかし、私生活の充実は、仕事へ好影響を与えることになるはずです。

ネットショップ担当者フォーラムではワークライフバランスを充実させている“人”にフォーカスすることで、EC業界に携わる経営者・担当者に“何か”気付きを提供できればと考えています。

EC業界には全日本のフットサルの応援団長を務めているEC担当者がいたりしますので、ワークライフバランスを充実させている人から“何か”を得たいものです。自戒を込めて。

元ボクサーの観点から、私見を今月末の編集後記で執筆しますので、お楽しみに。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム