ベビー用品の製造・販売などを手がけるコンビは8月31日、店頭や通販サイトなどで販売しているチャイルドシートの一部に不具合があったとして、国土交通省にリコール(無料の回収・修理)を届け出た。国交省への届出によると、リコール対象は11万9897台。

コンビや国交省によると、子供を固定するためのベルトが外れたり、チャイルドシートの回転が固定できないおそれがある不具合があった。不具合の件数は全部で899件。

リコールの対象は、2013年10月~2015年2月に生産した「ネルーム」「ネセルターン」、2014年4月~2015年2月生産の「ネルーム ISOFIX」「ネセルターン ISOFIX」、2014年6月~2015年7月生産の「ママロン」。

コンビのECサイトでは「リコール」のお知らせが掲載されている(画像は編集部がキャプチャ)

コンビではダイレクトメールや電話のほか、販売店での店頭告知、自社ホームページへの社告などでリコールを周知する。

コンビはベビー用品の製造などの大手企業。自社によるネット通販、子会社によるベビーウェアなどの通販・ECを展開している。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム