アマゾンジャパンは9月24日、Amazonプライム会員を対象に、追加費用なしで映像作品が見放題となる「プライム・ビデオ」を「Amazon.co.jp」で開始した。洋画や邦画に加え、米国の人気テレビドラマの先行配信、日本のドラマやアニメバラエティなどのほか、コンサート映像なども配信。今後、ドラマ、アニメバラエティなどAmazon初の日本オリジナル作品を発表する予定としている。

日本のコンテンツでは、テレビ朝日やTBSテレビ、テレビ東京などと連携。ドラマでは「JIN -仁-」や「ROOKIES」、アニメでは「妖怪ウォッチ」、「弱虫ペダル」、バラエティでは「さまぁ~ず×さまぁ~ず」などを配信する。また、日本で人気の高いコンサート映像も配信する。

「Amazon.co.jp」でDVDを販売してきて、日本のユーザーがどんな映像作品を好んでいるのか、といったデータを多く保有している。日本のユーザーが求める映像作品を提供できる点がプライム・ビデオの強みだ。(ティム・レスリーAmazon ビデオ 国際部 バイス・プレジデント

プライム・ビデオで配信されている日本作品の一部

このほか、大ヒット作品「ウォーキング・デッド」のスピンオフ作品「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」を毎週木曜日に先行配信するほか、米国で批評家から高い評価を得たドラマ「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」は、毎週水曜日に先行配信。米国の人気ドラマのラインナップも増やした。

米国でも人気を集めたAmazonのオリジナル作品も豊富に用意。今後、日本のオリジナル作品も制作していく予定。

アマゾンではこうした映像コンテンツの拡充のため、2014年に12億ドルを投資している。今後もさらなる投資を行い、コンテンツの充実を図っていく考え。

Amazonプライムの年会費は3900円のため、月々325円で映像が見放題になる計算。会員はお急ぎ便や日時指定便、タイムセール、Kindleオーナーライブラリーなども利用できるため、Amazonプライム会員の増加が期待できそう。アマゾンとの接触機会が拡大することで、商品購入の頻度が高まるユーザーが増えそうだ。

テレビで動画などを見ることができる「Amazon Fire TV」を持つジャスパー・チャン社長(中央)ら
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム